読書好き必見!高コスパで読み放題、ブック放題は本当に価値があるのか?

楽天ランキング
ブック

読書は、知識を広げ、想像力を育み、日常から一時的に脱出する手段です。しかし、好奇心旺盛な読者にとって、書店やオンラインでの選書はときに負担になることも。そこで出会ったのが「ブック放題」—月額わずか550円で、雑誌、マンガ、旅行ガイドといった多彩なジャンルが読み放題になる夢のようなサービスです。この驚異的なコストパフォーマンスは本当に実現可能なのでしょうか?私が実際に体験し、ブック放題を通じて発見した新たな読書の世界と、その魅力を余すところなくお伝えします。

ブック放題

広告

本ページはプロモーション広告が含まれます。

商品ランキング

ブック放題とは?

読書好きな方々へ、素敵なお知らせがあります。最近、私が体験した「ブック放題」というサービスは本当に素晴らしく、その驚きの体験と素直な感想を皆さんにお伝えしたいと思います。

月額わずか550円で、800誌以上の雑誌、50,000冊以上のマンガ、100誌以上のマンガ雑誌が読み放題になるなんて、信じられないほどの価値です!

驚くほどお得なコスパ!ブック放題を体験してみた感想」へようこそ。この記事では、電子書籍サブスクリプションサービスのブック放題を実際に利用してみた私の体験談をお届けします。

月額たったの550円で、800誌以上の雑誌と60,000冊以上のマンガ、さらに100誌以上のマンガ雑誌が読み放題になると聞いて、本当にそのコストパフォーマンスの良さを体感できるのか半信半疑です。

しかし、このサービスを使ってみることで、読書好きなら誰でも驚くような価値を見出せることを実感できます。

サインアップからアプリの使い勝手、実際に読んだコンテンツの質まで、ブック放題のすべてを包み隠さずレビューします。あなたが次に読むべきサービスを探すことが出来ます。

ブック放題の基本情報

ブック放題は、月額わずか550円(税込)で、800誌以上の雑誌、60,000冊以上のマンガ、そして100誌以上のマンガ雑誌を楽しむことができるサブスクリプションサービスです。

このサービスでは、新刊からバックナンバーまで、幅広いジャンルのコンテンツを読み放題で提供しております。

また、初めての方を対象にした無料トライアル期間もあり、サービスの魅力を存分に体験することが可能です。さあ、ブック放題で、読書の新しい扉を開きましょう。

ブック放題は、月額550円(税込)で60,000冊以上のマンガ、800誌以上の雑誌、そして250冊以上の旅行ガイドを読み放題で楽しめるサービスです​​。

元々は2015年にソフトバンクユーザー専用のサービスとしてスタートしましたが、2017年以降はどなたでも利用可能になっています​。

ブック放題の魅力は多岐にわたります。例えば、オフラインでも雑誌を読むことができるため、通信量を気にせずに利用可能です。

また、一つのアカウントで複数の端末(スマホ・タブレット最大5台、PC1台)での利用が可能なため、家族間でのシェアも簡単にできます​。

雑誌だけでなく、マンガも充実しており、50,000冊以上のマンガが読めます。

さらに、旅行情報誌『るるぶ』も含まれており、旅行好きには特におすすめのサービスと言えるでしょう。

また、読みたい雑誌やマンガを事前にダウンロードしておけば、オフライン状態でも読むことができるため、外出時でも快適に楽しむことができます​。

ソフトバンクユーザー以外の方も利用可能であり、ソフトバンク以外のキャリアを利用している方やPC、タブレットを利用している方も、同じサービスを受けることができます。

会員登録は簡単で、ソフトバンクユーザーの場合はMy SoftBankを通じて、それ以外のユーザーはYahoo!IDやSNSアカウントを利用して登録することができます​。​​

ブック放題は、その低価格ながら提供されるコンテンツの多さと、利便性の高さで多くのユーザーから支持を得ています。

読書好き、特にマンガや雑誌を幅広く読みたい方には、非常に魅力的なサービスです。

提供されているコンテンツの種類

  • 雑誌:800誌以上の幅広いジャンル
  • マンガ:60,000冊以上、様々なジャンルと世代向け
  • 旅行ガイド:250冊以上、国内外の旅行情報が満載

ブック放題では、読者に多様なジャンルのコンテンツを提供しています。これには800誌以上の雑誌、60,000冊以上のマンガ、250冊以上の旅行ガイドが含まれます。

この幅広いコレクションは、日々の通勤、家でのリラックスタイム、旅行の計画など、様々な場所で手軽に読むことが出来ます。

雑誌のラインナップには、週刊誌、ビジネス雑誌、ファッション誌、スポーツ誌など、多岐にわたるジャンルがあります。

また、マンガコレクションには、少年マンガ、少女マンガ、青年マンガ、女性マンガをはじめとする多種多様なジャンルが含まれております。

恋愛、バトル、ホラー、歴史、BL(ボーイズラブ)、レディコミなど、幅広い好みに対応しています。

特にマンガに関しては、提供されている作品の原則として全巻が閲覧可能であり、他の読み放題サービスでしばしば見られる「数巻のみ無料で、残りは購入が必要」という状況はありません​。

旅行好きな方のもブック放題は手離せない。

旅行好きな読者には、全国各地および海外旅行に役立つ情報が満載の『るるぶ』シリーズが特におすすめです。

ブック放類で提供されている旅行関係の雑誌は、250冊以上あります。これには、国内外のさまざまな旅行先に関する情報が含まれており、旅行計画の参考になる幅広い内容が揃っています。

紙の雑誌としても人気の高い『るるぶ』は、ブック放題を通じて電子版で提供されており、旅行の計画段階で役立つ情報を手軽に入手できます。

また、これらの雑誌やマンガはオフラインでも読むことができるため、外出先や電波の届かない場所でも楽しむことが可能です​。

料金プラン

  • 月額550円(税込)
  • 800誌以上の雑誌と60,000冊以上のマンガが読み放題
  • 新規登録時に最初の1か月間無料体験可能
  • 雑誌は無制限で読み放題、マンガとマンガ雑誌には無料期間中の制限あり
  • 複数の端末でアカウントを共有可能

ブック放題の料金プランはシンプルで、月額550円(税込)の一つのみです。

このプランで、雑誌800誌以上とマンガ60,000冊以上を読み放題で楽しむことができます。

初回登録時には最初の1か月間無料でサービスを利用できるため、サービスの使い心地やコンテンツの豊富さを試すことが可能です。

また、雑誌に関しては無制限で読むことができますが、マンガやマンガ雑誌は利用にある程度の制限があります​​。

ブック放題登録方法

  1. ブック放題のウェブページにアクセス
  2. Yahoo! JAPAN IDでログイン、またはApple、LINE、Twitter、FacebookのIDでサインイン
  3. 会員情報を入力
  4. 支払い方法を選択(クレジットカード、またはソフトバンク携帯料金と一緒に支払い)
  5. 登録完了

ブック放題に登録するには、まずサービスのウェブページにアクセスしてください。

登録手順の説明

ログイン方法はYahoo! JAPAN IDまたは他の外部ID(Apple、LINE、Twitter、Facebook)から選べます。次に、必要な会員情報を入力し、支払い方法を確認します。

ソフトバンクユーザーは携帯料金と合わせて支払うことができます。

これらのステップを経て、登録手続きが完了します。初めての登録であれば、1カ月間の無料体験を利用できます。

ブック放題の無料期間は初回登録で1ヶ月です。

このサービスでは、スマホ端末なら複数の端末で同時にログインして利用可能です。月額料金は550円(税込)で、同月内の複数回入退会でも月額料金は入会回数分発生します。PC

PCにログインしているときは、複数の端末では、ログインはできません。

ブック放題 実際に使ってみた。

本屋で購入したエクセルの使い方ガイドが見つからなくなった際、ブック放題で検索したところ、すぐに3冊の本が見つかりました。

この経験から、ブック放題がいかに多種多様な本を手軽に提供しているかがわかります。また、これらの本を月額550円で利用できることは、大変経済的です。

いつでも気軽に読みたい雑誌やChatGPTのガイドブックが定額月550円で読めるのが本当にすごいです。

本屋で購入していたら何千円かかるか分からないところです。

本を読むのが好きな方ならこれほど素晴らしいサイトは、どこにもないです。

スマホなら一つのアカウントで家族と一緒に楽しめます。

アプリのインターフェースと使い勝手

ブック放題アプリは、iOSとAndroidで提供され、多彩なビューワー機能とオフライン読書が可能です。

1アカウントで5台までの端末登録ができ、ブラウザ経由では端末数に制限なくアクセス可能ですが、同時使用は1台のみ。

サービスは月額550円で、新規ユーザーには初月無料の特典があります。履歴削除や解約はウェブページからの操作が必要です。ブック放題は、幅広い電子コンテンツを提供する読み放題サービスです。

読者からの体験談

最初は半信半疑でしたが、ブック放題に登録してみたところ、その価値に驚かされました。

月額たったの550円で、800誌以上の雑誌と60,000冊以上のマンガ、そして100誌以上のマンガ雑誌が読み放題というのは、読書好きにとって夢のような話です。

特に印象的だったのは、サービスの使い勝手の良さと、提供されるコンテンツの幅広さです。

具体的には、ある日、私が必要としていたエクセルの使い方に関するガイドブックが見当たらず、ブック放題で検索したところ、すぐに3冊の関連書籍を見つけることができました。

これがブック放題を利用してみて最初に「これは便利だ!」と感じた瞬間です。

通常、この手の専門書を購入するとなると、それなりの出費が伴いますが、ブック放題なら月額550円でこれらの書籍に加え、趣味の雑誌や最新のマンガも楽しむことができます。

さらに、ブック放題のアプリは非常に使いやすく、お気に入りのコンテンツを簡単に見つけることができます。

オフラインでの読書機能も優れており、外出時にも電波の届かない場所でも読書を楽しむことができます。私の生活において、ブック放題はもはや欠かせない存在になります。

ポイント経由腕から登録すればポイントが入ります。

値上がり対策に効果的です。欲しい物を手元にゲットしましょう。

ブック放題他社からの比較

読書好きなら誰もが気になるのが、読み放題サービス間の違いです。ブック放題はそのコストパフォーマンスの高さで知られていますが、他の人気サービスとどのように異なるのでしょうか?ここでは、ブック放題を「キンドルアンリミテッド」と「楽天マガジン」の二つのサービスと比較してみます。

コストパフォーマンス:

  • ブック放題: 月額550円で、60,000冊以上のマンガ、800誌以上の雑誌、250冊以上の旅行ガイドが読み放題。
  • キンドルアンリミテッド: 月額980円で、100万冊以上の本、雑誌、マンガが読み放題。
  • 楽天マガジン: 月額418円(税込)で、4,000誌以上の雑誌が読み放題。

コンテンツの種類:

  • ブック放題は雑誌とマンガに特化しており、特にマンガのラインナップが豊富です。
  • キンドルアンリミテッドは本、マンガ、雑誌ともに幅広いジャンルをカバーしていますが、特定のベストセラーなどは別途購入が必要な場合があります。
  • 楽天マガジンは雑誌読み放題に特化しており、最新号からバックナンバーまで幅広く提供していますが、マンガや本はカバーしていません。

使い勝手と機能性:

  • ブック放題はオフライン閲覧機能や複数端末での利用が可能で、使い勝手に優れています。
  • キンドルアンリミテッドもオフライン閲覧が可能で、Amazonのエコシステムとの連携が魅力です。
  • 楽天マガジンは楽天のエコシステム内で利用することにメリットがあり、シームレスな利用体験を提供します。

読書の未来を変える鍵、ブック放題: 価格以上の価値を実体験から解き明かす。

各サービスにはそれぞれ特色があり、読者の好みや読みたいコンテンツの種類によって最適な選択が異なります。

ブック放題は特にコストパフォーマンスが高く、マンガや雑誌を中心に読みたい人に最適な選択肢と言えるでしょう。

この記事を通じて、ブック放題がいかに読書好きにとって価値あるサービスであるかをお伝えしました。

月額550円という手頃な価格で、雑誌、マンガ、旅行ガイドといった多岐にわたるジャンルを無限に楽しむことができる点は、明らかに他の読み放題サービスと比較しても類を見ないコストパフォーマンスです。

実際に体験してみた私の感想からも分かる通り、ブック放題は読書の新しい可能性を広げ、読者一人ひとりのライフスタイルに合わせた読書体験を提供してくれます。

他の読み放題サービスとの比較からも明らかなように、ブック放題は特にマンガや雑誌を中心に幅広い読書を楽しみたい方にとって最適な選択肢です。

使い勝手の良さ、豊富なコンテンツ、そして何よりもそのコストパフォーマンスは、読書好きならずとも魅力的なオファーと言えるでしょう。

読書を通じて新たな知識を得たり、心を豊かにしたりすることは、私たちの生活において重要な役割を果たします。

ブック放題は、そのような読書体験をより身近で、より豊かなものに変えてくれるサービスです。今こそ、ブック放題で新しい読書の扉を開き、無限の物語や知識の世界へと足を踏み入れてみませんか。

ブック放題のデミリット

  1. 最新作の取り扱い:
    • 最新のベストセラーや新刊など、即時に読み放題ラインナップに追加されないことがある。最新作をすぐに読みたいユーザーには不向きな場合がある。
  2. 検索機能とユーザーインターフェース:
    • 膨大なコンテンツの中から目的の作品を探す際、検索機能が直感的でなかったり、ユーザーインターフェースが使いづらいと感じる場合がある。
  3. 特定ジャンルの偏り:
    • 提供されるコンテンツのジャンルに偏りがある場合があり、特定のジャンルのファンには十分な選択肢がないことがある。
  4. 複数デバイスでの同時利用制限:
    • アカウントを複数のデバイスで共有できるが、同時に異なるコンテンツを読むことには一定の制限がある場合がある。
  5. サポート体制:
    • 問い合わせやサポートへの対応が遅れることがあり、ユーザーの問題解決がスムーズに進まないことがある。

ブック放題は、読書好きにとって非常に魅力的なサービスですが、自分の読書スタイルや好みに合わせて、メリットとデメリットを考慮した上で選択することが重要です。

ブック放題メリット

  1. コストパフォーマンス:
    • 月額550円で、膨大な数の雑誌、マンガ、旅行ガイドなどが読み放題という高いコストパフォーマンス。
  2. 豊富なコンテンツ:
    • 800誌以上の雑誌、60,000冊以上のマンガという幅広いジャンルのコンテンツを提供。
  3. マルチデバイス対応:
    • スマートフォン、タブレット、PCなど複数のデバイスで利用可能。アカウントを複数の端末で共有できるため、家族間での利用にも適している。
  4. オフラインでの閲覧:
    • コンテンツを事前にダウンロードしておけば、インターネット接続がない場所でも読書を楽しめる。
  5. 無料トライアル期間:
    • 新規登録者には無料のトライアル期間が提供され、一か月の無料登録で楽しむ事が出来る
  1. コストパフォーマンス:
    • 月額550円という低価格で、雑誌、マンガ、旅行ガイドなど多種多様なジャンルのコンテンツを無制限に楽しめる点は大きな魅力です。これは、読書好きにとっては非常にお得なオファーと言えます。
  2. 豊富なコンテンツ:
    • 800誌以上の雑誌、60,000冊以上のマンガという膨大なコンテンツ量は、多様な趣味や関心を持つ読者にとって魅力的です。日々の通勤や休憩時間など、さまざまなシチュエーションで読書を楽しむことができます。
  3. マルチデバイス対応:
    • 一つのアカウントで複数の端末(スマホ、タブレット、PC)で利用できるので、家族間での共有や外出先でも手軽に読書を楽しめる点は大きなメリットです。
  4. オフライン閲覧機能:
    • 雑誌やマンガを事前にダウンロードしておけば、通信環境を気にすることなくどこでも読書を楽しめるのは、特に移動中や通信制限が気になるユーザーにとって便利な機能です。

気になった点や改善してほしい点

  1. 最新のベストセラーの取り扱い:
    • 新刊やベストセラーの書籍が読み放題に含まれない場合があるため、最新の人気作品を読みたいユーザーにとってはやや不便を感じる可能性があります。これらのコンテンツの追加や、新作へのアクセスを容易にする改善が望まれます。
  2. 検索機能の向上:
    • 膨大なコンテンツの中から特定の作品やジャンルを見つけ出すための検索機能やフィルタリングオプションが、さらに洗練されると良いでしょう。特に、特定の作者やシリーズに関する検索精度の向上が求められます。
  3. ユーザーインターフェースの改善:
    • アプリやウェブサイトのユーザーインターフェースについて、より直感的で使いやすくするための改善が求められます。特に初めて利用するユーザーにとって、よりシンプルで分かりやすいデザインは重要です。
  4. カスタマーサポートの強化:
    • 問い合わせへの対応速度やサポート体制の充実を図ることで、ユーザーの不安や疑問を迅速に解決し、より良い利用体験を提供することが望まれます。

ブック放題は多くの読書好きにとって魅力的なサービスですが、上記のような点の改善をすれば、場所を選ばずに快適な操作ができます。

FAQ

Q1: ブック放題の月額料金はいくらですか?

A1: ブック放題の月額料金は550円(税込)です。これにより、提供されている雑誌、マンガ、旅行ガイドなどのコンテンツを無制限に楽しむことができます。

Q2: 無料トライアル期間はありますか?

A2: はい、新規登録者には、サービスを試すための無料トライアル期間が用意されています。この期間中はサービスを無料で利用でき、トライアル期間終了後に料金が発生します。

Q3: オフラインでコンテンツを読むことはできますか?

A3: はい、ブック放題ではコンテンツを事前にダウンロードしておくことで、インターネット接続がない環境でも読書を楽しむことができます。

Q4: 複数のデバイスで利用できますか?

A4: はい、ブック放題は複数のデバイスに対応しています。一つのアカウントでスマートフォン、タブレット、PCなど、複数の端末で読書を楽しむことができます。

Q5: すべてのコンテンツが読み放題ですか?

A5: ブック放題では、提供されている雑誌、マンガ、旅行ガイドなどが読み放題ですが、一部新刊や人気の最新作などは読み放題対象外の場合があります。

Q6: 家族で共有することは可能ですか?

A6: アカウントを複数の端末で利用できるため、家族内での共有は可能です。ただし、同一アカウントでの同時利用には一定の制限がある場合がありますので、具体的な利用条件はサービスの規約を確認してください。

Q7: 解約は簡単にできますか?

A7: はい、ブック放題はいつでもオンラインで簡単に解約手続きを行うことができます。アカウント設定メニューから解約の手続きを進めることができます。

これらのFAQは、ブック放題の基本的な情報や利用にあたっての一般的な疑問に答えるものです。サービスの利用を検討している方にとって有益な情報となることを願っています。

ブック放題

広告

引っ越し達人利用してサカイ引越センターを選んだ感想と評価

まとめ

  • ブック放題とは?
    • ブック放題は、月額550円で60,000冊以上のマンガ、800誌以上の雑誌などが読み放題のサービスです。
  • ブック放題の基本情報
    • 低価格で幅広いジャンルのコンテンツを楽しめ、複数のデバイスで利用可能です。
  • 提供されているコンテンツの種類
    • 雑誌、マンガ、旅行ガイドなど、多岐にわたるコンテンツが提供されています。
  • 旅行好きな方のもブック放題は手離せない
    • 旅行情報誌『るるぶ』を含む250冊以上の旅行関連コンテンツがあります。
  • 料金プラン
    • 月額550円(税込)で、初回登録時には最初の1か月間無料体験が可能です。
  • ブック放題登録方法
    • ウェブサイトから簡単に登録でき、Yahoo! JAPAN IDやSNSアカウントでサインイン可能です。
  • 登録手順の説明
    • 登録はウェブページから行い、支払い方法を選択後に完了します。
  • 実際に使ってみた
    • 幅広いジャンルのコンテンツを手軽に楽しめることに加え、オフラインでの閲覧機能が特に便利でした。
  • アプリのインターフェースと使い勝手
    • アプリは使いやすく、複数の端末での利用もスムーズです。
  • 読者からの体験談
    • 利用者はブック放題のコストパフォーマンスの高さと、多様なコンテンツに満足しています。
  • ブック放題他社からの比較
    • コストパフォーマンスやコンテンツの量で他社サービスと差別化しています。
  • 読書の未来を変える鍵、ブック放題: 価格以上の価値を実体験から解き明かす
    • ブック放題は、低価格で豊富な読み物を提供し、読書習慣に新たな可能性をもたらしています。
  • ブック放題のデメリット
    • 最新作の取り扱いが限られている点や、一部の検索機能とユーザーインターフェースに改善の余地があります。
  • ブック放題メリット
    • 高いコストパフォーマンス、豊富なコンテンツ、マルチデバイス対応が主なメリットです。
  • ブック放題の利点
    • 低月額で幅広いコンテンツを楽しめることが最大の利点です。
  • 気になった点や改善してほしい点
    • 新刊や人気作へのアクセス改善、検索機能の向上が望まれます。
  • FAQ
    • 月額料金、無料トライアル、オフライン閲覧、デバイス利用、コンテンツ範囲、家族

コメント