さくらレンタルサーバでムームードメインを利用する方法とムームードメインの魅力

楽天ランキング
レンタルサーバ

さくらレンタルサーバとムームードメインは、それぞれ独自のサービスでありながら、両者を組み合わせることで効果的なウェブサイト運営が可能です。本記事では、ムームードメインをさくらレンタルサーバに移管せずに利用する方法について詳しく解説します。手順や設定ガイドを追いながら、スムーズに連携させるためのポイントをお伝えします。さくらレンタルサーバとムームードメインを組み合わせて、独自ドメインを活用したウェブサイトを構築するための一歩を踏み出しましょう。

この記事はスポンサー提供の広告です

商品ランキング

ムームードメインの魅力

ムームドメイは、手軽に使えて管理しやすいことで多くの方が使用されています。確かに値段的に安いドメイが有りますが色んな要素や購入する時期によって値段の変動が出てきます。

ドメインの価格は、期間やキャンペーンによって変動しますがドメイン登録業者は定期的に価格変更を行い、特定の期間中に割引やプロモーションを提供することがあります。

それでもムームドメイは、欲しいドメイを手軽に購入しやすメリットも有ります。

ムームードメインは、その低価格と使いやすさから多くのユーザーに支持されています。以下に、ムームードメインの魅力を詳しくご紹介します。

低価格でのドメイン取得

ムームードメインは、年間69円からの格安な価格でドメイン取得が可能です。この低価格は、個人や小規模ビジネスにとって非常に魅力的です。

コストを抑えながらも、独自のドメインを手に入れて本格的なウェブサイトを運営することができます。

簡単なドメイン設定

初心者でも簡単にドメイン設定ができるのが、ムームードメインの特徴です。

管理画面は直感的で使いやすく設計されており、ドメインのDNSレコード設定やドメインの更新などの作業を迅速かつ容易に行うことができます。

手間をかけずにドメインを管理できるため、時間と労力を節約することができます。

自動更新設定と管理の容易さ

ムームードメインでは、ドメインの自動更新設定が可能です。ドメインの有効期限が切れることを心配せずに済み、手動で更新する手間を省くことができます。

さらに、一括ドメイン管理の機能も提供されており、複数のドメインを効率的に管理することができます。

多機能な機能と連携の容易さ

ムームードメインでは、ムームーDNSを利用すれば、1つのドメインで複数のサービスを利用することができます。

さらに、ムームードメイン for WPホスティングを利用すれば、別途サーバーを契約せずに簡単にワードプレスを利用したホームページを作成することも可能です。

これらの機能により、より柔軟なウェブサイト運営が実現できます。

ムームードメインの多機能性とSEOの効果

ムームードメインは、低価格と使いやすさだけでなく、ムームーDNSを利用することで多機能性を実現しています。これにより、ウェブサイトの運営やSEO(Search Engine Optimization)においてさまざまな利点が生まれます。以下に、ムームーDNSの多機能性とSEOの効果について詳しくご説明します。

1つのドメインで複数のサービスを利用

ムームーDNSを利用すれば、1つのドメインで複数のサービスを利用することができます。たとえば、ウェブサイトを運営するだけでなく、メールサービスや別のウェブアプリケーションを同じドメインで利用することができます。これにより、異なるサービスを一元管理することができ、運用の効率化が図れます。

SEOへの影響力

ムームーDNSを活用することで、SEOにおいてもさまざまなメリットが得られます。以下に、その一部をご紹介します。

SEO
  • ドメインの統一: 複数のドメインを利用する場合、SEOの観点からはドメインの統一が重要です。ムームーDNSを使うことで、複数のサービスを同じドメインで利用できるため、統一感のあるウェブサイト構築が可能となります。
  • バックリンクの集約: 複数のサービスやウェブページでバックリンクを集める場合、異なるドメイン間でのバックリンクの分散が生じる可能性があります。しかし、ムームーDNSを利用することで、1つのドメインにバックリンクを集約することができます。これにより、バックリンクの効果を最大限に活かすことができます。
  • ドメインの信頼性向上: SEOでは、ドメインの信頼性が重要な要素とされています。ムームードメインは、長年にわたり多くのユーザーに利用されてきた実績があり、信頼性の高いドメインとして認知されています。そのため、ムームードメインを利用することで、ドメインの信頼性を向上させること事が出来ます。

さくらレンタルサーバにドメイを移管せずに使用

ドメイを他のレンタルサーブに使用するためには、ドメイの移管が一般的に行われています。移管料の費用も掛かります。

しかし、無駄に費用をかけずにムームドメイ管理課の中でさくらレンタルサーバにドメイを移管せずに普通に使用することができます。

もちろんGoogleAdSenseの審査も問題なければ通ります。

ドメインの登録

初めに、ムームードメインの公式ウェブサイトにアクセスし、希望するドメイン名を検索して登録します。登録手続きはシンプルでわかりやすくなっており、必要な情報を入力するだけで簡単にドメインを取得できます。

広告

DNS設定の変更

ドメインの所有者情報が確認された後、ムームードメインの管理画面にアクセスし、DNS設定を行います。

桜レンタルサーバとの連携に必要な情報(ネームサーバー情報など)を入力し、保存します。これにより、ムームードメインと桜レンタルサーバを関連付けることができます。

最初にムームドメイにログインします。
ログインしましたら

ドメイ一覧をクリックします。次に新しく登録しているドメイをクリックします。

ドメイ一覧から対象のドメイをクリックしたらこの画面が出てきます。今は、ネームサーバ1,2がムームドメイのネームがuns01.lolipop.jp,uns02.lolipop.jp となっています。

さくらレンタルサーバに登録してからドメイを使えるようにするためには、さくらレンタルサーバのネームを書き換えて関連付けする必要が有ります。

さくらレンタルサーバの登録

さくらレンタルサーバでWordpressが使えるプランは、スタンダード425円からのプランになります。

サーバの速度も2022年2月16日からリリースされてから今までの5倍速くなっています。全てに掛かる初期費用は、全て無料で提供されています。

スタンダード425円でバックアップ機能も忠実しています。何かあったときは、バックアップ機能がたよりになり絶対に必要なツールです。

広告

他社で所得した管理中のドメイを使えるようにしたい

さくらレンタルサーバの契約が完了したらさくらレンタルサーバにログインします。ログインしたら管理画面を開きます。

先にさくらレンタルサーバのネームサーバを確認します。

ネームサーバー1ns1.dns.ne.jp
ネームサーバー2ns2.dns.ne.jp

ムームドメイにログインしてからアカウント選択してコントトールパネルを開きます。

ドメイ一覧をクリックして所得しているドメイを出します。

ドメイをクリックすると下の画面が出てきます。

こちらのネームサーバ1,2をロリポップ管理中の対象ドメイにネームサーバを書き換えます。

赤枠のネームサーバ設定変更をクリックします。

ネームサーバ設定/変更のボタンをクリックしたらこの画面が出てきます。必ずGMOペパボ以外 のネームサーバを使用するのをチェックしてください。ラジオボタンの色が付くとOKです。

後は、先ほど確認したさくらレンタルサーバのネームアドレスを入れたら下にスクロールします。

下にネームサーバ設定変更のボタンを押したらそれで完了です。ネームサーバが反映されるまで少し時間が必要なのでここで一息つきます。

さくらレンタルサーバの管理画面からドメイ/SSLをクリックしたらドメイ新規追加画面が出てきます。

ドメイ新規追加をクリックします。

ドメイ新規追加をクリックしたらドメイ新規追加画面が出てきます。下にスクロールしたら他社で所得したドメイを移管せずに使う追加ボタンが有ります。ボタンをクリックします。

クリックしたらドメインの追加機能を探し、そこから他社で取得した独自ドメインを追加します。
追加するドメインの情報を入力し終わったら追加のボタンをクリックします。

これで無事にドメイが追加することが出来ました。桜レンタルサーバの管理画面からドメイが追加されていることを確認できます。

ウェブサイトの構築

ドメインとサーバーの連携が完了したら、桜レンタルサーバにてウェブサイトを構築することができます。

桜レンタルサーバは、初心者にも使いやすい管理画面を提供しており、ワンクリックインストールなどの便利な機能も備えています。

ウェブサイトの作成には、ワードプレスなどのCMS(コンテンツ管理システム)を利用すると簡単です。

ドメイを移管せずに使用出来るメリット

ドメインの移管は手続きや時間がかかることがありますが、他社で取得した独自ドメインをさくらレンタルサーバに追加して利用する方法には、以下のようなメリットがあります。

簡単な設定手順

ドメインの追加機能を利用するだけで、さくらレンタルサーバに他社で取得した独自ドメインを追加できます。移管手続きの面倒さや時間をかけずに、手軽に利用を開始できます。

一元管理

ドメインを移管せずに利用することで、さくらインターネットの管理画面から他社で取得した独自ドメインとさくらレンタルサーバのドメインを一元的に管理できます。

複数のドメインを所有している場合や、複数のサイトを運営している場合でも、管理作業が簡便になります。

柔軟な運用

他社で取得したドメインをさくらレンタルサーバに追加することにより、さまざまなサブドメインを作成して利用できます。

例えば、WWWだけでなく、追加したドメインに対して任意のサブドメインを設定することも可能です。柔軟なドメイン運用ができるため、さまざまなウェブサイトやサービスを展開する際に便利です。

コストの節約

ドメインの移管には一定の費用がかかる場合がありますが、他社で取得した独自ドメインを追加するだけならば、移管費用を節約できます。

さくらレンタルサーバにおけるドメイン追加の料金体系に従って支払いが行われます。
ムームドメイ移管手数料 :net. 1,628円~info. ¥2,029円 +
さくらドメイ転入費用:2,614円~4,747円 = 合計金額

これらのメリットにより、他社で取得した独自ドメインをさくらレンタルサーバに追加することで、手軽かつ柔軟なドメイン運用が可能となります。

ドメイン移管の手続きや費用を避けたい場合や、さくらレンタルサーバの利用を検討している場合には、この方法が有益です。

広告

まとめ

  • ムームードメインは、ドメイン取得において格安な価格設定が魅力的です。年間69円からの低価格で独自ドメインを取得することが可能です。
  • ムームードメインは、初心者でも簡単にドメイン設定ができる機能を提供しています。使いやすい管理画面や自動更新設定など、管理が楽々です。
  • ムームードメインは、ムームーDNSを利用することで、1つのドメインで複数のサービスを利用することができます。柔軟性のある運用が可能です。
  • ムームードメインでは、別途サーバーを契約しなくても、ムームードメイン for WPホスティングを利用して簡単にワードプレスを使ったホームページを作成することができます。
  • ムームードメインをさくらレンタルサーバに移管せずに利用する場合、さくらレンタルサーバのドメイン追加機能を使用することで、他社で取得した独自ドメインやサブドメインを追加できます。
  • ムームードメインを移管せずにさくらレンタルサーバに独自ドメインを追加する場合、設定やネームサーバーの変更を行う必要がありますが、さくらインターネットの管理画面を使用することで初心者でも手軽に行えます。
  • ドメインの移管手数料は、ムームードメインnet. 1,628円~info. ¥2,029円です。一方、さくらレンタルサーバでは、ドメイン転入費用2,614円~4,747円 が掛かります。
  • ドメインの更新費用は、ムームードメインではドメインごとに異なりますが、一般的には年間1,728円(税込)からの価格設定です。さくらレンタルサーバでは、ドメインごとに異なる価格設定があり、改定後価格 net.1年更新 2,708円 2年更新 5,410円 3年更新 8,024円(税込)からとなっています。

以上が、ムームードメインとさくらレンタルサーバに関する情報のまとめです。各サービスの特徴や料金について詳細な情報は、公式ウェブサイトやサポートセンターをご確認ください。

広告

コメント