世界共通語である英語を身につけることが将来のキャリアにつながる理由とは?

楽天ランキング
幼児教育

子供の語学教育について、1〜6歳の間に英語を教えることのメリットは多岐にわたる。語学力の向上やグローバルなコミュニケーション能力の獲得はもちろん、脳の発達や文化的理解の向上、就学準備の支援などが挙げられる。将来的な国際交流やグローバルなビジネスに備えるためにも、1〜6歳の子供たちに英語教育を提供することは意義深い。

この記事はスポンサー提供の広告です。

商品ランキング

子供の英語教育に早期から取り組むことの意義とは?

1~6歳からの英語教育は、英語を母語としない環境で暮らす人々にとって、重要な意味を持ちます。このような教育を受けることにより、子供たちは英語を自然に習得することができます。

語学力の向上: 早い段階から英語を学ぶことで、子供たちはより自然な形で英語を身につけることができます。

また、長期的に見て、英語を早く学ぶことで、将来的に語学力を高めることができる可能性があります。

脳の発達: 英語を学ぶことは、子供たちの脳の発達にもプラスに働くことが示されています。

例えば、英語を学ぶことで、脳の多様な領域が刺激され、言語能力の向上以外にも、集中力、記憶力、問題解決力などの発達につながるとされています。

世界的なコミュニケーション、 英語は世界共通の言語であり、将来的にグローバルな環境で仕事をすることが想定される場合、英語が必要になる可能性があります。

また、将来の国際交流や留学、海外旅行などでも役立ちます。

英語を早く学ぶことで、就学前の子供たちが幼稚園や小学校に入学した際に、英語の基礎があるために学習の遅れを防ぐことができます。

英語教育は、将来の国際社会での活躍や、国際的なビジネスや研究、留学などの場面で必要なスキルの一つです。英語教育が小学校から始まることで、より長い期間にわたって英語に親しむことができ、英語学習へのモチベーションが高まることが期待されます。

小学校の英語教育では、英語に触れる機会を増やすことが重要です。具体的には、英語の歌や童話、ゲーム、ビデオなどを通じた英語の聞き取りや発音の練習、英単語や英文法の学習などが挙げられます。

また、英語を話す機会を増やすために、ペアやグループでのアクティビティやディスカッションなどを通じたコミュニケーションの練習も重要です。

英語を早く学ぶことで子供たちが得る5つのメリットとは?

早期英語学ぶメリット
  1. 語学力の向上:英語を早期から学ぶことで、子供たちはより自然な形で英語を身につけることができ、長期的に見て語学力を高めることができる可能性があります。
  2. グローバルなコミュニケーション能力:英語は世界的な共通語であり、将来的にグローバルな環境で仕事をすることが想定される場合、英語が必要になる可能性があります。また、将来の国際交流や留学、海外旅行などでも役立ちます。
  3. 脳の発達:英語を学ぶことは、子供たちの脳の発達にもプラスに働くことが示されています。例えば、英語を学ぶことで、脳の多様な領域が刺激され、言語能力の向上以外にも、集中力、記憶力、問題解決力などの発達につながるとされています。
  4. 文化的な理解:英語を学ぶことで、英語を話す人々の文化や慣習について理解を深めることができます。これにより、子供たちは異なる文化に対する理解や共感を持つようになることができます。
  5. 早期の就学準備:英語を早く学ぶことで、就学前の子供たちが幼稚園や小学校に入学した際に、英語の基礎があるために学習の遅れを防ぐことができます。

これらのメリットからも、英語を早く学ぶことは、子供たちの将来に役立つことが期待されます。

1〜6歳の間に英語を学ぶことで子供の将来に与える影響とは?

1〜6歳の間に英語を学ぶことは、子供たちの将来に様々な影響を与えることが考えられます。以下に代表的な影響をいくつか挙げてみます。

語学力の向上、1〜6歳の間に英語を学ぶことは、より自然な形で英語を身につけることができ、長期的に見て語学力を高めることができる可能性があります。

これにより、将来的にグローバルな環境で仕事をする場合や、留学や国際交流などの機会において、コミュニケーションがスムーズに行われることが期待されます。

小学校就学前の準備が出来る

就学準備の支援:1〜6歳の間に英語を学ぶことは、就学前に英語の基礎を身につけることができるため、小学校に入学する際に、英語学習の遅れを防ぐことができます。

英語教育は、脳の発達を促進する

脳の発達 英語を学ぶことは、子供たちの脳の発達にもプラスに働くことが示されています。例えば、英語を学ぶことで、脳の多様な領域が刺激され、言語能力の向上以外にも、集中力、記憶力、問題解決力などの発達につながるとされています。

文化的な理解:英語を学ぶことで、英語を話す人々の文化や慣習について理解を深めることができます。これにより、子供たちは異なる文化に対する理解や共感を持つようになり、グローバルな環境でのコミュニケーション能力の向上にもつながることが期待されます。

英語教育にちょうど良い年齢は何歳がペスト

言語習得能力が最も高いのは、人間の脳が発達する0~6歳頃であり、この期間を幼児期と呼びます。このため、英語教育においては、幼児期に英語を学習することが望ましいとされています。

ただし、英語教育に適した年齢は、個人差があります。例えば、家庭で英語を話す環境で育った場合は、幼少期から英語に親しんでいるため、英語を理解し話すことができます。

一方で、英語を話す環境で育っていない場合には、英語教育に遅れが生じる可能性があります。

そのため、英語教育に適した年齢は、基本的には幼児期から早ければ早いほうが推奨されています。中学生以降は、第二言語習得能力が低下するため、少し努力が必要になります。

1歳から6歳の最初の英語の扉を開いてあげよう

初めて子供さんに英語を教えてあげるには、少し準備が必要です。

子供たちは、遊び、絵本を読んだりしながらまた遊んだりします。子供は、ゲームが好きなのでゲームをしながら学びそして遊びます。

子供は、物語が好きなので物語を通して学びさせます。疲れたら寝かせます。

最初は、シンプルな内容で子供さんが好むキャラクターの動画を見させます。時折一緒にゲームをしてみます。

子供さんが楽しんでもらうことが第一前提として色んな工夫をしてげたら子供さんも喜こんでがんばってくれます。

英会話スクールは必要?

幼い子供さん用の英語教材は、山となるぐらい積みあがって沢山の教材や学習サイトが有ります。

英語塾もそれなりの金額も取られたり後で続かなくなった時に脱会したときの最初使ったお金も無駄になってします。

英語塾なら2~3歳用コース、月謝週1回で7000円以上かかります。

オンライン英会話講座なら月額、1900円~から学ぶことが出来ます。最初は、1~6歳の子供さんに英語を触れさせるだけでいいのでお金をかける必要はないです。

最低限かけるとしたらお家の電気代ぐらいのもんです。

1〜6歳の子供に初めて英語を触れさせる場合、以下のような準備が必要

  1. 教材の選定:適切な教材を選ぶことが大切です。年齢に合わせた英語教材を選び、子供たちが興味を持てるようなキャラクターやイラストを使ったものが良いでしょう。また、動画やアプリなども活用することができます。
  2. 時間の設定:子供たちの注意力が続く時間帯に英語の学習を行うようにしましょう。例えば、寝る前の読み聞かせや、お風呂上がりなどが良いでしょう。
  3. リラックスした雰囲気の作り出し:子供たちにとって英語は初めての言語なので、緊張した雰囲気ではなく、リラックスした雰囲気を作り出すことが大切です。例えば、楽しい歌やゲームを取り入れると良いでしょう。
  4. 親のサポート:親が積極的にサポートすることも大切です。一緒に英語の歌を歌ったり、絵本を読んだり、遊びながら英語を学ぶことができます。
  5. 褒めること:子供たちが英語を使ったときには、褒めることが大切です。簡単な言葉でも、英語を使うことに成功したら、その成功を褒めてあげましょう。

子供さんに英語で遊ばせてみる

子供さんにYouTubeを見てもらうときだけ広告無しのYouTube Premiumメンバーシップ登録がおすすめです。

教材と言っても全て無料で使用できます。ちょっとした昔ならともかく今の時代は、ネットの時代なので、すべてネット検索から解決できます。手元にPCかダブレット端末が有れば大丈夫です。光回線は必要です。

子供さんは、何が興味引きそうなかおよそ分かると思います。もしお子さんがトムとジェリーが好きならこんな感じで探せます。

トムとジェリーやんちゃな生徒 日本語字幕版

小さい子供さんでも意味が分からなくてもアニメを見ているだけでかなり楽しめるはずです。見ているとつい見入ってします。

トムとジェリーの英語版は他にもたくさんありますので選んであげてください。

桃太郎昔話 全9作 ①幕英語版

子供に聞かれたら愛想よく答えてあげてください。

ウルトラ・ディズニー 不思議な国のアリス 日本語字幕版

動画は、子供が遊ぶのがあきてきたときや、ご飯の時に見せてあげても良いです。子供に合わせて子供の様子を観察してみてください喜んでくれたら大成功です。

英語版アニメ音楽で聞き流し

子供さんは、アニメが興味持つので、英語版アニメだけで充分楽しめます。英語版のアニメ音楽も有りますから音楽は、普通に流すだけでいいです。

【作業用BGM】名曲ディズニーメドレー

千本桜 英語Englishver

こちらの曲は、かなりテンポが良くリズムカムで明るい曲です。子供が沈んでいるときや落ち込んでいるときに聞かせてあげたらいいです。少し様子を見て気にったようなら聞き流しでかけておいてもいいかもしれません。

家の中で子供をお世話しながら英語に触れさせることが出来るので、わずらしい塾通いやママさん同士の無駄な会話も避けることもできます。

無駄に経費をかける必要がないのでその分は安心ですね。それで子供さんが英語を聞き流して少しでも

覚えてくれたらよいです。もしお金を少しかけなければいけない時は、子供さんが英語を受け入れてからも少し勉強をどうしてもしたいという時です。

ワールドアイキッズ

正式に契約してから英語を学ばせるのは、それなりのお金やママさんの時間も取られてします。それまでは、無料でできるものは、最大限に利用した方が良いです。

NHK Eテレ「うっかりペネロペ」の英語学習DVD

まとめ

  • 1~6歳からの英語教育は子供の英語教育に早期から取り組むことの意義は重要な意味が有る
  • 子供たちは、長期的に見て、英語を早く学ぶことで、将来的に語学力を高めることができる可能性があります。
  • 子供の語学教育について、1〜6歳の間に英語を教えることは、 英語を学ぶことは、子供たちの脳の発達にもプラスに働くことが示されています。
  • 英語を早く学ぶことで、就学前の子供たちが幼稚園や小学校に入学した際に、英語の基礎があるために学習の遅れを防ぐことができます。
  • 英語教育は、将来の国際社会での活躍や、国際的なビジネスや研究、留学などの場面で必要なスキルの一つです。
  • 英語を早く学ぶことで、子供たちのメリットは、語学力の向上:英語を早期から学ぶことで子供たちは、より自然な形で英語を覚えることが出来、脳の発達が良くなることが確認されています。
  • 早期の就学準備:英語を早く学ぶことで、就学前の子供たちが幼稚園や小学校に入学した際に、英語の基礎があるために学習の遅れを防ぐことができます。
  • 英語教育にちょうど良い年齢は、幼児期1歳~6歳までが知識の吸収が早いです。
  • 1〜6歳の子供に初めて英語を触れさせてあげる前は、少し準備も必要で、適切な教材を選ぶことが大切です。年齢に合わせた英語教材を選び、子供たちが興味を持てるようなキャラクターやイラストを使ったものが良いでしょう。また、動画やアプリなどの活用がお勧めです。

コメント