2週間乳離れ前の子猫の育て方:ミルクの与え方と注意点

楽天ランキング
ペット

近所の庭で生まれてから何ヶ月しか経っていない子は、親がいなくなって、取り残された子は、ミクルしか飲めず生きるすべが無い状態で発見された子猫を見たら保護するしかないです。小さい子猫のミルクの与え方と育て方

この記事はスポンサー提供の広告です。

商品ランキング

近所の庭で発見された生後3ヶ月の子猫

アフリエイト広告張っています。

近所の庭で発見された小さい子猫、まだ生後何ヶ月ぐらいにしか見えない小さい子は、ニャーンニャーンと泣き叫んでいたのを見つけた。近所の家の人に聞いてみたらこの間は、親猫と一緒にいたところを見ていたそうです。

庭の中でニャンーニャンー泣くのでうるさくて、困っているんです。見たところ親は、帰ってきそうもないしね。あんた面倒みれんかね?

子猫に与えてあげる食事

無事に子猫は、保護することができました、後は、まだミルクしか飲めないのでミルクを買ってきてくれているのでミルクを飲ませてあげます。

こだわりのペット用品 バディーズ
¥2,838 (2023/09/17 20:52時点 | 楽天市場調べ)

広告

まだミルクしか飲めない子猫は、1歳まで、成長に必要な栄養分が入っています。最初はミルクだけ与えてください。

基本的には、子猫用のミルクと子猫用缶詰が有ればOKです。
水は、まだ飲むか分からなくても水は、用意します。毎日新しい水の交換は必要です。

それから子猫用のトイレを用意します。100金でも丁度良い入れ物がありますから子猫が入れる大きさの入れ物に砂を入れておくとちゃんと砂の上でトイレをしてくれます。

子猫でも自分のトイレは、ここにある事を分かっています。できれば、大きめのダンボー箱が有りましたら段ボール箱の底に何か引いてからトイレとご飯を一緒に入れておいても大丈夫です。

子猫がある程度食欲が出てきたら子猫用缶詰に入ってるキャットフードを器に入れミルクと混ぜ合わせてあげます。

広告

猫は、成長が早いので、1ヶ月たてば大きくなってきます。そのごろには、家の中を散歩に出かけたり疲れたらご飯を食べてオネンネしてくれます。

一つだけ問題が有りますが、前から住んでいる主が子猫用のミルクやご飯を狙っているのでちょっと目を話すと食べちゃうんです。

うちの古株のムサシです。家にきてからすでに5年以上なります。性格は大人しく賢いです。
ムサシの気持ち・・僕も子猫ちゃんと同じようにご飯を食わしてよ~と言っているようです笑い

最近子猫に構いっぱなしで、ムサシは、機嫌が良くないようです。子猫と対立気味です。

最近は、子猫たちも食欲が出てきてかなり成長しています。普通にカリカリのキャットフードを食べらるようになるとぼちぼち子猫の引取先を探さす必要が有ります。

子猫にキャットフード食に挑戦してみる

広告

子猫がある程度大きくなってきたと思ったら試しに子猫用の小さい粒を選んで少しあげてみます。少し食べられそうならちょっとずつ食べさせてあげて下さい。

基本は、まだ猫用の牛乳と猫用の缶詰缶フードを混ぜてから普段通りに用意してあげます。買ってきた子猫用のキャットフードも器に入れて横に置いてあげます。

後は、ほっといても食べたいご飯を子猫が選んで食べてくれます。それでしばらくは様子を見ることにします。

子猫用のキャットフードがよく食べられるようになるとミルクは、卒業です。子猫用のキャットフードに切り替えてあげます。

子猫の用の食事を与えてから3ヶ月になり子猫は、かなり大きくなってきています。今では、普通のカリカリのキャットフード食べてくれているので世話するのが本当に楽ちんです。

次は、子猫の引取先を探すだけです。最近は、コロナ生活で自宅でペットを飼われている家庭は増えています。また一人暮らしの方もペットを飼われる方も多いので貰い手は、すぐに見つかります。

一つ問題が有ると言えば、子猫ちゃんを手放すのが嫌になっています。何ヶ月も世話をしたり一緒に布団の中で寝ていると本当に可愛いくもう手放すのが嫌~という気分です。う~ん どうしよう☹

家族と相談したら2匹のうち1匹はのこしたいと言う意見で、黒を残すことに決定しました。

しかし子猫は、兄弟なので、どちらかを引き離すことに可哀想です。

兄弟で引取先を探す事に決定

また方針を変更してから兄弟で引き取ってくれる家庭を探すことにして、山陽新聞で募集をかける事にしたのです。

募集をかけて一週間後、電話がかかってきて最初は、兄弟で引き取ってくれる事になったのですが後から事情が変わってからキャンセルされました。残念です。

再度新聞で募集をかけたら直ぐに電話がかかってきました、猫はほしいけど2匹もいらないと言われ女の子が欲しいから女の子がおれば下さいということで女の子を引き取ってもらうことに決定です。

残った黒は、家で面倒見ることになり家族の一員として一緒に暮らす事にします\(^o^)/

まとめ

  • まだミルクしか飲めない猫が放置されていたら大きくなるまで面倒を見てあげます。
  • 子猫に与えるご飯は、1歳まで飲める牛乳を買ってあげます。
  • ある程度た大きくなると子猫用の缶詰缶フードを小出しにして牛乳と混ぜて与えます。
  • 子猫用のトイレは砂を入れて準備して置いておくとちゃんと砂の上でトイレします。
  • ある程度大きくなると子猫用カリカリキャッたフードを少し与えてみる
  • 普通に子猫用のキャットフードが食べられたらミルクは、卒業です。
  • 子猫は、一度面倒見たら最後まで責任を取って安心して暮らせるようにしてあげましょう
  • 近所に誰もいなければ、子猫のもらい手は新聞で募集かける方が早いです。

小さな子猫

コメント