ペットの健康に備える!ペット医療保険少額短期保険株式会社の特徴とメリット

楽天ランキング
ペット

ペットを飼っている飼い主の方々にとって、ペットの健康管理は欠かせません。しかし、思いがけない怪我や病気に見舞われることもあります。そんなときにイーペット保険があれば安心です。ペット医療保険(犬猫)は、手術や入院、通院の回数制限、日数制限がなく、一定の費用を範囲内でカバーしてくれます。また、割引制度も豊富で、保険料の割引を受けられることも魅力的です。今回は、ペット医療保険(犬猫)の詳細についてご紹介します。

この記事はスポンサー提供の広告です。

商品ランキング

充実の補償内容と手ごろな保険料で安心のペットライフを!

当社のペット医療保険は、犬と猫に特化した保険商品です。当社の保険には、ペットがケガをした場合に初回100%の補償を提供する初回ケガ100%補償が含まれています。

毎年リセットされるため、ペットの健康状態に関わらず、安心して保険に加入することができます。

当社のペット医療保険には、日額上限なし、回数制限(通院・手術・入院)なしで、60万円までの補償が含まれています。つまり、ペットが何度も治療を必要とする場合でも、最大で60万円までの補償が受けられます。

ペットは家族の一員であり、ペットの健康管理は重要な課題です。しかし、病気やケガには誰にでも起こりうるものであり、高額な医療費がかかることもあります。

当社のペット医療保険に加入することで、ペットの健康管理に必要な医療費をカバーし、飼い主の方々に安心を提供します。当社の保険商品は、ペットを飼っている方々にとって、大変有益なものであり、ぜひご検討ください。

ペット保険に特化した保険会社である理由


ペット保険に特化した保険会社が登場した背景には、ペットが家庭内での存在感を増し、飼い主のペットに対する意識が高まったことが挙げられます。

一方で、ペットの健康管理や治療には高額な費用がかかるため、飼い主はペットの健康に対するリスクを抱えています。

そこで、ペット保険に特化した保険会社が登場し、ペット飼い主がペットの健康管理や治療に必要な費用を抑えることができるようになりました。

ペット保険は、ペットが病気やケガをした際に、治療費用や手術費用、入院費用などをカバーする保険商品です。

ペット医療保険(犬猫)は、ペットの医療費をカバーするための保険商品です。犬や猫を飼っている方にとって、ペットの健康管理に欠かせないアイテムとなっています。以下に、ペット医療保険(犬猫)の特徴をご紹介します。

初回ケガ100%補償

ペット医療保険(犬猫)では、ペットが初めてケガをした場合に限り、100%の補償を行います。この初回ケガ100%補償は、業界でも特に優れた特典の一つとされています。なお、毎年の更新時には初回ケガの補償がリセットされます。

日額上限なし、回数制限なしで60万円まで補償

ペット医療保険(犬猫)は、通院、手術、入院、検査などの医療費に対して、日額上限なしで最大60万円まで補償を行います。また、回数制限もなく、ペットが複数の病気やケガを負った場合にも、しっかりとカバーすることができます。

手術費用、入院費用、死亡補償などのカバー範囲

ペット医療保険(犬猫)は、ペットが病気やケガになった場合に、治療費用をカバーすることで、飼い主の経済的負担を軽減するために存在します。

その中でも、手術費用、入院費用、死亡補償などが重要な補償範囲となります。

まず手術費用についてですが、ペットが病気やケガになった場合には、手術が必要となることがあります。ペット保険では、手術に必要な費用や手術後の処置費用を補償することがあります。

ただし、保険会社やプランによって、手術費用の補償内容や上限額に違いがあるため保険契約書をよく確認する必要があります。

次に入院費用についてですが、入院が必要になる場合は、治療費用が高額になることがあります。ペット保険では、入院費用や手術後の療養費用などが補償されることがあります。

ただし、入院期間や入院費用の上限については、保険会社やプランによって異なりますので、保険契約書をよく確認する必要があります。

さらに、死亡補償についても言及します。ペットが死亡した場合、葬儀や火葬費用などが発生することがあります。

ペット保険では、死亡した場合に必要な費用をカバーすることがあります。ただし、死亡補償の上限や条件については、保険会社やプランによって異なるため、保険契約書をよく確認する必要があります。

以上のように、ペット保険は、手術費用、入院費用、死亡補償など、ペットが病気やケガになった際に必要となる様々な費用をカバーすることで、飼い主の経済的負担を軽減します。

ペットの健康管理には、ペット保険の加入を検討することが大切です。

イーペット少額短期保険株式会社は、ペット保険に特化した保険会社です。そのため、ペット保険に関連する様々なメリットがあります。以下に、ペット医療保険(犬猫)保険のメリットを紹介します。

この記事はスポンサー提供の広告です。

ペット医療保険(犬猫)保険の「e-ペット70・50

ペットを飼っている飼い主様にとって、ペットが病気やケガをしても気軽に病院へ行くことができるメリットがあります。

上限金額や手術・入院・通院の回数制限、日数制限がないため、飼い主様が必要と判断した場合には、いつでも獣医師の診察や治療を受けることができます。

さらに、イーペット保険には多くの割引制度があります。インターネット割引(5%)や無事故継続割引(5%)、マイクロチップ割引(3%)など、さまざまな条件で割引が受けられます。

また、同一契約者の2匹目以降には多頭割引(3%)が適用されます。

10歳までの保険料は比較的安く、保険料が公表されているのは11歳以上からとなっています。加入はペットが10歳までであれば可能で、契約は終身継続が可能です。

さらに、新規加入契約の場合、病気の補償は契約始期日から16日後より開始されますが、待機期間は15日間と短いため、早い段階からペットを保護することができます。

70%プランにおいては、初回の怪我は完治まで100%補償されます。このように、ペット医療保険(犬猫)「e-ペット70・50」は、ペットを飼っている飼い主様にとって、安心してペットの健康を守ることができる保険商品です。

申し込み条件

e-ペット70・50」に申し込
  • 過去に告知欄に記載の病気と診断されたことがないこと
  • 現在、病気やケガで治療中または経過観察中でないこと
  • 動物病院を受診せずにご家庭で様子を見ているケガ・病気や症状、獣医師の指示・薦めにより療法食を食べていないこと
  • 過去6か月以内に動物病院にて、ケガや病気または予防目的以外で診察を受けていないこと(できもの、下痢や皮膚のかゆみ等、軽微な症状も含む)
  • 先天性異常または遺伝性疾患があると診断(疑いを含む)を受けていないこと
  • 多頭飼育されている猫の中に、「猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ・FIV)」や「猫白血病ウイルス感染症(FeLV)」と診断された猫がいないこと
  • 申込者が18歳以上であること

e-ペット70・50申し込み可能条件
  • イーペット保険は、ペットの年齢が3か月から10歳までの間であることが条件となります。
  • 申し込み時には、ペットが健康状態であることが必要となります。
  • 申し込み前には、保険金額や保証内容、保険料などを確認し、申し込みに必要な書類を用意する必要があります。
  • イーペット保険は、契約者が日本国内に居住していることが条件となります。
  • 保険期間は、1年ごとに更新可能で、10歳までの保険料は比較的安くなっています。
  • 新規加入の場合、病気の補償は契約始期日から16日後からとなりますが、ケガの補償は契約始期日から補償が開始されます。
  • イーペット保険は、上限金額や手術、入院、通院の回数制限、日数制限がないため、気軽に病院へ行くことができます。
  • 割引制度も多く、インターネット割引、無事故継続割引、マイクロチップ割引、多頭割引があります。

申し込みには、上記の条件を満たしている必要があります。

e-ペット70保証支払い例

イーペット保険の普通の病気による入院例を紹介します。この例では、ペットが風邪にかかって1日入院し、治療費が25,000円かかりました。この場合、保険の保証割率は70%で、お客様の負担は30%となります。

イーペット50では、保証割合が70%となっています。つまり、ペットの治療費のうち70%が保険でカバーされます。

今回の例では、治療費が25,000円かかったため、保険での補償額は25,000円 × 70% = 17,500円となります。

一方、お客様の負担は30%となっています。今回の例では、治療費のうち30%がお客様負担となります。治療費が25,000円かかったため、お客様の負担額は25,000円 × 30% = 7,500円となります。

つまり、保険に加入している場合、治療費の一部が保険でカバーされ、お客様の負担額を減らすことができます。

また、保険によってペットの健康管理をより気軽に行うことができ、ペットとの生活をより安心して過ごすことができます。

e-ペット50保証 支払い例

e-ペット50は、保証割合が50%で、お客様の負担も50%となる保険商品です。もし、ペットが病気やケガをして治療が必要になった場合、医療費の50%が保険でカバーされますが、残りの50%はお客様の負担となります。

例えば、ペットが12,500円の医療費がかかった場合、保険がカバーするのは50%の6,250円となります。残りの6,250円はお客様が負担することになります。

「e-ペット50」は、保証割合が50%ということから、病気やケガの治療費が高額になる場合はお客様の負担も大きくなってしまうというデメリットがあります。

しかし、保険料も比較的安く設定されているため、ペット保険に入りたいけれど予算に限りがあるという方には選択肢のひとつとして考えられます。

動物病院の支払いを先に済ませてから診療請求書を請求する必要があります。

ペット医療保険申し込み

ペット医療保険は、ペットの病気やけがに対して補償してくれる保険です。ペット医療保険には、70・50の2つのプランがあります。

「e-ペット70」は、上限金額や手術・入院・通院回数・日数制限がなく、気軽に病院に行けることが特徴です。また、インターネット割引、無事故継続割引、マイクロチップ割引、多頭割引などの割引制度があるため、保険料を抑えることができます。

10歳までの保険料は比較的安く、契約は終身継続可能です。新加入契約の場合は、病気は契約始期日から16日後より補償されますが、待機期間は短めの15日間となっています。

ケガについては、契約始期日から補償開始となります。70%プランの場合、初回の怪我は完治まで100%補償されます。

一方、「e-ペット50」は、保証割合が50%となり、保険金の支払い額の50%がお客様の負担となります。保険料は比較的安く、初期費用を抑えたい場合におすすめです。

病気風邪で一日入院した場合、保険金支払い額が25,000円で保証割率が70%の場合、お客様の負担は30%、つまり7,500円となります。同様に、保証割率が50%の場合はお客様の負担が12,500円となります。

イーペット保険には、ペットの健康管理や医療費の負担を軽減するという大きなメリットがあります。ペットとの暮らしをより快適にするために、イーペット保険の申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

広告

まとめ

ペット医療保険(犬猫)は、ペットの健康管理や怪我・病気による医療費の負担を軽減するための保険です。e-ペット70・50は、1日あたりの上限金額、手術や入院、通院の回数制限、日数制限がないため、気軽に病院に通えるメリットがあります。また、多くの割引制度があり、保険料も10歳までが比較的安くなっています。新加入契約の場合、病気は契約始期日から16日後より補償され、待機期間は15日間で短めです。さらに、70%プランなら初回の怪我は完治まで100%補償されます。e-ペット50は保証割率50%で、保証金額が12,500円の場合はお客様の負担額も同額になります。e-ペット70は保証割率70%で、普通の病気風邪で1日入院した場合、費用が25,000円だとしても、お客様の負担額は30%となります。e-ペット70・50は、犬や猫を飼っている方であれば、満10歳まで申し込みが可能で、契約は終身継続可能です。ペットの健康管理に不可欠な保険と言えるでしょう。

コメント