熱中症対策で命を守る!適切な水分補給が重要な理由

楽天ランキング
熱中暑

真夏の暑さで体は熱中症のリスクにさらされます。熱中症は軽くみると重篤な状態に陥る可能性があり、場合によっては命に関わります。熱中症を予防するための水分補給は、とても重要な役割を担っています。この記事では、なぜ水分補給が大切なのか、適切な水分補給の方法について解説します。

この記事はスポンサー提供の広告が含まれています。

商品ランキング
  1. 熱中症の危険性
  2. 熱中症の症状(めまい、筋肉痛、熱失神など
      1. クールタオル
      2. 購入された方のコメント
      3. 冷却スプレー
    1. 熱中症が重篤化すると命に関わる
      1. OS1
  3. 水分補給が重要な理由
    1. 発汗が引き起こす水分・塩分の大量喪失と熱中症リスク
      1. アクエリアス(500ml 火照った体に喜ぶ水
    2. 水分不足が熱中症の引き金に
      1. ポストニックウォーター 500mlペットボトル
      2. 3. 熱中症予防のための注意点
    3. 効果的な水分補給の方法
      1. 1. スポーツドリンクの利用
      2. 2. 食べ物からの水分摂取
      3. 自家製の飲料も有効
    4. こまめな水分補給が大切
    5. 水分補給が重要な理由
      1. 1. 発汗量の測定方法
      2. 2. 水分補給の目安
      3. 3. 水分補給のタイミング
      4. 4. 塩分補給の重要性
      5. 井関食品 熱中飴タブレット3味ミックス
  4. 熱中症の症状(めまい、筋肉痛、熱失神など
    1. 熱中症が重篤化すると命に関わる
  5. 水分補給が重要な理由
      1. 運動中や暑い日の水分・電解質補給に最適!
    1. 発汗が引き起こす水分・塩分の大量喪失と熱中症リスク
    2. 水分不足が熱中症の引き金に
  6. 水分補給が重要な理由
      1. 3. 熱中症予防のための注意点
    1. 効果的な水分補給の方法
      1. 1. スポーツドリンクの利用
      2. 2. 凍らせたフルーツの利用
      3. 3. 食べ物からの水分摂取
      4. 自家製の飲料も有効
    2. 効果的な水分補給の方法
    3. 補給の目安(発汗量に合わせる
      1. 1. 発汗量の測定方法
      2. 2. 水分補給の目安
      3. 3. 水分補給のタイミング
      4. 4. 塩分補給の重要性
    4. まとめ
    5. 2024年今年の熱中暑対策におすすめのアイテム

熱中症の危険性

熱中症は、高温環境下での活動や運動によって引き起こされる危険な状態です。症状にはめまい、筋肉痛、熱失神などがあり、重篤化すると命に関わることもあります。

  • 熱中症は深刻な危険性があり、症状には熱失神、熱疲れ、熱射病などがあります。
  • 特に高齢者や子供、基礎疾患のある人はリスクが高いです。
  • 適切な対策が必要であり、屋外で働く人も注意が必要です。

熱中症の症状(めまい、筋肉痛、熱失神など

熱中症にはさまざまな症状がありますが、主なものとして以下が挙げられます。

めまい
体内の水分が失われることで、血液がドロドロになり脳への血流が悪くなります。そのため、立ちくらみやフラフラするめまいが起こります。

■筋肉痛・脱力感
発汗による水分と塩分の喪失が原因で、筋肉への栄養供給が滞ります。そのため、全身の筋肉に痛みや脱力感が走ります。特に腕や脚の可動域が狭くなり、動作がぎこちなくなります。

■頭痛・吐き気
脱水症状により、体液バランスが崩れ自律神経の働きが乱れます。そのため強い頭痛や吐き気、皮膚が乾燥するといった症状が出ます。

■熱失神
激しい発汗で体内の水分が大量に失われ、血液の循環不全を引き起こします。意識を失って気を失う熱失神に陥る危険があります。

■熱射病(ねっしゃびょう)
最も重篤な熱中症の症状です。体温調節機能が失われ、体温が40度以上にまで上昇します。意識障害、けいれん、高体温などの致命的な症状が現れ、生命の危険もあります。

このように、熱中症の症状は見逃してはいけません。重症化する前に適切な休息と水分・塩分補給を行い、速やかに体温を下げる必要があります。

クールタオル

広告

購入された方のコメント

  1. 使用者は、水で濡らして絞り振ることでひんやり感を実感した。汗やお湯でも効果があるとの評価をしている。
  2. 購入者は、3枚セットに加えて2枚のおまけが付いており、計5枚のクールタオルが届いた。キッズ向けにも適しているとの評判がある。

  3. Amazon.co.jpのレビューによれば、このタオルは冷却、吸水、速乾、軽量な特性を持っているとのことです。2022年8月に日本でレビューされた商品で、多くの人々が気に入っているようです1
  4. gooランキングによると、触り心地が良く、どんなシーンでも使える冷感タオルとしておすすめされています。紫外線遮断率98%のUVカット機能を持ち、首に巻いておけば日焼け対策にもなるそうです。また、抗菌仕様で汗をかいた後でも衛生的に使用できるとのことです。
  5. マイナビおすすめナビでは、看護師ママライター・小坂恵さんからのアドバイスをもとに、冷感タオルの選び方と、濡らさないで使える接触冷感タオル、濡らすと冷える瞬間冷却タオルのおすすめ商品を紹介しています。通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載されているので、ぜひ最後までチェックして、夏を快適に乗り越えられる冷感タオルを見つけてくださいね。
  6. mybestによると、**Xingmengの「UVカット冷却タオル 3枚セット」**は、冷感繊維材質でできており、3層構造で通気性が高いのが特徴です。UVカット率も98%と高く、暑さ対策とともに日焼け対策として使用できる商品としておすすめされています。
  7. 楽天市場のレビューでは、このクールタオルは非常に冷たく、小学生の娘が使うためにパステルカラーがあり、他の方のレビューも参考にして選んだとのことです。
  8. これらの口コミを参考に、クールタオルを選ぶ際に役立てていただければ幸いです!🌬️

冷却スプレー

気温が上昇し、熱中症のリスクが高まる夏。そんな時に役立つのが、瞬間冷却剤「氷ーるどスプレー420ml」です。

  • 商品名: 氷ーるどスプレー 420ml
  • 効果: 濡れたタオルにスプレーすることで氷ができる
  • 用途:
    • 熱中症対策
    • 熱射病予防
    • 暑い日のクールダウン
    • スポーツ時の打撲や捻挫などにも使用可能

使用方法

  1. 缶をよく振ります。
  2. 冷却したい部分から15~20cmほど離して、スプレーします。
  3. 皮膚に直接スプレーしないでください。
  4. 目に入った場合は、すぐに水でよく洗い流してください。
  5. 乳幼児の手の届かないところに保管してください。

急速に体を冷やしたい時はこれに限ります。

広告

  1. 濡れたタオルにスプレーすると、冷たい氷ができて冷却効果が高い。[1][4]
  2. 夏場の熱対策や熱中症対策に便利。
  3. 冷却時間が長く持続する。
  4. 緊急時の冷却に役立つ。

一方で、以下のような課題も指摘されています。

  • スプレーの飛び散りが大きい。
  • 使用感に個人差がある。

熱中症が重篤化すると命に関わる

熱中症が重症化すると、最悪の場合命に関わる危険な状態になります。

最も重篤な熱中症の症状は「熱射病」と呼ばれ、体温調節機能が失われ体温が40度以上にまで上昇します。

この状態では、意識障害、けいれん、高体温などの致命的な症状が現れ、適切な処置を施さないと生命の危険があります。

また、熱中症が進行すると、脳内の温度上昇で中枢神経に異常が起こり、さまざまな臓器に障害が出る可能性があります。

高齢者や基礎疾患のある人は特にリスクが高く、重症化しやすいため注意が必要です。[2]

そのため、熱中症の初期症状(めまい、筋肉痛、頭痛など)に気付いたら、すぐに涼しい場所で休息を取り、水分と塩分を補給する必要があります。[1]

OS1

大塚製薬オーエスワン(OS-1)は、軽度から中等度の脱水症における水・電解質の補給・維持に適した経口補水液です。

効果:

  • 軽度から中等度の脱水症における水・電解質の補給、維持
  • 感染性腸炎、感冒による下痢・嘔吐・発熱、高齢者の経口摂取不足、過度の発汗を原因とした脱水症に適しています

こんな方におすすめ

  • 下痢や嘔吐による脱水症
  • 発熱による脱水症
  • 高齢者や乳幼児の経口摂取不足
  • スポーツや運動による発汗
  • 暑さによる脱水症予防
サンドラッグe-shop
¥4,180 (2024/04/23 07:33時点 | 楽天市場調べ)

広告

水分補給が重要な理由

熱中症を予防するためには、適切な水分補給が必要不可欠です。

適切な水分補給は、発汗による水分と塩分の喪失を補い、血液循環を維持するのに役立ちます。

熱中症を予防するうえで、水分補給は非常に重要な役割を担っています。その理由は主に以下の2点があげられます。

  1. 発汗による水分と塩分の大量喪失を補う必要がある 暑い環境下では多量の発汗が生じ、体内の水分と塩分(ナトリウムイオンなど)が大量に失われます。

    この水分と塩分の喪失が、熱中症の大きな引き金になります。

    特に塩分不足は、細胞内外の浸透圧の変化を招き、筋肉けいれんや意識障害などの症状を引き起こします。

    こまめな水分と塩分の補給で、この喪失分を補う必要があるのです。
  2. 血液循環の維持に欠かせない 発汗による脱水が進むと、血液がドロドロ状態になり、脳への血流不足が生じます。

    すると、めまいや意識障害などの症状に加え、筋肉への栄養供給も滞ります。
    このように、水分補給は熱中症予防に欠かせない体内の血液循環を維持する上でも極めて重要です。

このように、こまめな水分・塩分補給により、発汗による喪失分を補給し、体内の水分バランスと血液循環を保つことが、熱中症を予防する上で欠かせません。スポーツドリンクなどの上手な利用が推奨されます。

【送料無料!!】◆大塚製薬オーエスワン(OS-1) 500ml 【24本×2個セット】

広告

発汗が引き起こす水分・塩分の大量喪失と熱中症リスク

熱中症の主な原因は、発汗による水分と塩分(ナトリウム、カリウムなどの電解質)の大量喪失にあります。暑い日や運動時などに多量の発汗が生じると、体内に蓄えられている水分と塩分が大量に失われてしまうのです。

この水分と塩分の喪失が、体内に次のような悪影響を及ぼします。

  • 水分が失われると血液濃度が高くなり、ドロドロ状態になる
  • 塩分(電解質)が失われると、細胞外と細胞内の浸透圧がくるう
    • 結果として、筋肉けいれんや意識障害などの症状が出る
  • 血液循環が悪くなり、脳への血流不足が生じる
    • めまい、一時的な意識喪失(熱失神)が起こる
  • 筋肉への栄養・酸素供給も滞る
    • 全身の筋肉痛や脱力感がでる

発汗による水分と塩分の大量喪失が、このように体内のバランスを崩し、さまざまな熱中症症状を引き起こすのです。

例としては、体の塩分が急速に不足しだすと手の指がいきなりギュギュウと指が伸縮するようなけいれんを引きおこします。

そのため、暑い日や運動時には、【こまめな水分・塩分の補給】が何より重要になります。スポーツドリンクの利用がおすすめです。発汗量に応じて、適量の水分と塩分を補給することが熱中症予防につながります。

アクエリアス(500ml 火照った体に喜ぶ水

ナトリウムやカリウムなどの電解質(ミネラル)が配合されており、運動時の水分・塩分を効果的に補給できます。
レモン、グレープフルーツなど様々な爽やかなフレーバーがラインナップされているPETボトル入りと粉末タイプの2種類の製品があり、シーンに合わせて選べる1983年に発売した大塚製薬の代表的なスポーツドリンクブランドで、長年の実績と信頼がある運動やスポーツ時に体から失われる水分とミネラルを補給し、熱中症対策にもなるアクエリアス。さまざまな味で飲みごたえも抜群の機能性ドリンクです。

広告

水分不足が熱中症の引き金に

熱中症は、高温環境にいることで体温の調節機能が低下し、身体にさまざまな異常が起こる状態を指します。水分不足が熱中症の引き金となる理由は次のような点にあります。

  • 水分不足が熱中症の引き金となる理由について、体温調節の障害や血液の濃度上昇、脱水による臓器への影響が挙げられる。

これらの内容を纏めると、熱中症は深刻な危険であり、水分不足がその引き金となる要因の一つであることが示唆されます。高齢者や子供、基礎疾患のある人は特にリスクが高いため、適切な対策が必要です。

熱中症は命にかかわることがある症状であり、事前の予防が大切です。

その中で特に効果的な方法が、正しい水分補給です。適切な水分補給は熱中症予防の基本です。

熱失神 体内の水分が不足し、血液の循環が悪くなることで一時的に意識を失う状態です。転倒して頭を打つ等のけがの危険もあります。

■熱疲れ めまい、頭痛、吐き気などの症状に加え、高体温による全身の筋肉痛や脱力感なども現れます。気分が極度に悪くなり、作業等が行えなくなります。

■熱射病(ねっしゃびょう) 体温調節機能が失われ、体温が40度以上にまで上がる最も危険な状態です。意識障害、けいれん、昏睡(こんすい)などの重篤な症状に加え、生命の危険もあります。

  • こまめな水分補給:
    • 汗をかいたら、すぐに水分を摂りましょう。
    • 長時間の屋外活動や運動をする場合は、定期的に水分を補給しましょう。
  • 塩分も考慮:
    • 汗で失われる塩分も補給する必要があります。
    • 食事やスポーツドリンクを通じて塩分を摂取しましょう。
  • 個人差に注意:
    • 個人差があるため、自分の体調や環境に合わせて水分補給を調整しましょう。

水分不足を防ぐことで、熱中症のリスクを低減できます。暑い季節には特に水分補給に気を配りましょう。「1

ポストニックウォーター 500mlペットボトル

  • 爽やかな柑橘系のフレーバーで、すっきりとした飲み心地。
  • 人間の体は適性浸透圧よりも低い浸透圧の飲料を飲むとより水分を吸収しやすくなっています。ポストニックウォーターは、適性浸透圧よりも低い設定で設計され、すばやい水分補給を可能にしたスポーツ飲料です。
  • 適性浸透圧よりも低い浸透圧で、水分を素早く吸収
  • 爽やかな柑橘系のフレーバーで、すっきりとした飲み心地
  • 運動中や運動後に最適

広告

3. 熱中症予防のための注意点

  • 適切な着衣: 通気性の良い服装や帽子を着用し、直射日光を避けましょう。
  • 休憩と適切な活動: 長時間の屋外活動や激しい運動は避け、こまめな休憩を取りましょう。
  • 体温のチェック: 自己の体調や体温を定期的にチェックし、異常を感じた場合は速やかに適切な処置を行います。

適切な水分補給と熱中症予防は、暑い季節における健康管理の重要なポイントです。常に体調を気にし、適切な対策を行うことで、安全に快適な夏を過ごしましょう。

水分補給と適度の塩分チャージで失われた塩分補給

広告

効果的な水分補給の方法

水分補給には、スポーツドリンクの利用、凍らせたフルーツの摂取、食べ物からの水分摂取などがあります。こまめな水分補給と塩分補給は、熱中症予防に重要です。

  • 適切な水分補給が重要であり、スポーツドリンクの利用や凍らせたフルーツの摂取、食べ物からの水分摂取が有効。
  • 水分補給の目安は発汗量に合わせて行い、運動中や運動後に積極的に行う必要がある。
  • 塩分補給も重要であり、スポーツドリンクなどを通じて適切な塩分補給を行うことが推奨される。
  • 凍らせたフルーツを水に入れて飲むことで、水分補給がより楽しくなります。また、フルーツに含まれる天然の甘みや栄養素も一緒に摂取することができます。
  • レモンやミントを加えることで、爽やかな風味を楽しむこともできます。飽きずに水分補給を続けるための工夫です。

1. スポーツドリンクの利用

  • スポーツドリンクは、水分だけでなく、失われた塩分や糖分も補給することができます。特に長時間の運動や激しい運動を行う場合は、スポーツドリンクの利用が効果的です。
  • スポーツドリンクには、エネルギー補給や水分補給に役立つ成分が含まれています。熱中症予防に有効な選択肢の一つです。

2. 食べ物からの水分摂取

  • 野菜や果物には水分が豊富に含まれています。スムージーやサラダなど、水分を含む食品を摂取することで、水分補給を補助することができます。
  • 特に夏場は、水分を多く含む食品を積極的に摂取することで、体内の水分量を保つことができます。

自家製の飲料も有効

冷えたイオン飲料の利用が手軽ですが、自分で調製するには1リットルの水にティースプーン半分の食塩(1~2g)と角砂糖を好みに応じて数個溶かしてつくることもできます。

こまめな水分補給が大切

スポーツドリンクは、運動中に汗として失われるナトリウムなどのミネラルと、エネルギー補給のためのブドウ糖などが含まれています。以下にスポーツドリンクと塩分補給に関するポイントを解説します。

  1. 汗で失われる塩分(ナトリウム)の補給:
    • 運動で汗をかくと、水分だけでなく塩分も体外に放出されます。
    • 体液のミネラル濃度を一定に保つため、塩分を含んでいる飲料を選ぶことが大切です。
    • スポーツドリンクは、ナトリウムを適切に補給するための選択肢です。
  2. 水分の吸収における糖質の重要性:
    • 糖質は小腸での水分吸収を促進します。
    • スポーツドリンクには糖質が含まれており、水分の吸収を助けています。
    • 糖質濃度は2.5~8%の範囲で最も吸収率が高いことが知られています。
  3. スポーツドリンクの適切な糖質濃度:
    • スポーツドリンクは、運動中のエネルギー補給にも役立ちます。
    • 糖質濃度は運動強度や個人の体調に合わせて調整しましょう。
  4. 温度は5~15℃に冷やす:
    • スポーツドリンクは適切な温度で飲むことが重要です。
    • 5~15℃程度に冷やすと、飲みやすくなります。
      スポーツドリンクは、運動時の水分補給と塩分補給に効果的な選択肢です。
      1 

水分補給が重要な理由

運動中や高温多湿な環境下では、汗をかく量が増えます。

このとき、失われた水分や塩分を効果的に補給することが重要です。

発汗量に合わせた水分補給の目安を知ることで、適切な補給量を把握し、熱中症や脱水症状を予防することができます。

  1. 運動中
    • 1時間に3〜4回、1回約200〜300ml程度を目安に水分を補給します。
    • 運動中もこまめに水分を摂ることが大切です。
  2. 運動後
    • 運動中に失われた水分の1.5倍を意識的に摂りましょう

1. 発汗量の測定方法

  • 発汗量を正確に測定する方法はありませんが、以下の方法を参考にすることで、おおよその発汗量を把握することができます。
    • 服や体重の変化: 運動前と運動後の体重を測定し、失われた体重からおおよその水分量を推定します。
    • 汗の量や濃度: 汗の量や濃度を目視で確認し、発汗量の目安を得ます。

2. 水分補給の目安

  • 発汗量に応じて、適切な水分補給量を計算します。一般的な目安は、1kgの体重減少につき1リットルの水分補給が必要とされています。
  • 例えば、1時間の運動で体重が1kg減少した場合、その間に約1リットルの水分を失ったと考えられます。したがって、運動後に1リットルの水分を補給することが適切です。

3. 水分補給のタイミング

  • 運動中や運動後、汗をかいた直後など、発汗量が増加したタイミングで積極的に水分補給を行います。
  • 水分補給は、のどの渇きを感じたときだけでなく、定期的に行うことが重要です。こまめな補給が体内の水分バランスを維持するのに役立ちます。

4. 塩分補給の重要性

  • 運動中に失われる塩分も適切に補給することが重要です。スポーツドリンクなど、塩分を含む飲み物や食品を摂取することで、塩分の補給を行います。

発汗量に合わせた水分補給は、適切な補給量を把握し、健康的な運動をサポートするための重要な手段です。発汗量や体調に合わせて適切な水分補給を行い、熱中症や脱水症状を予防しましょう。

井関食品 熱中飴タブレット3味ミックス

井関食品 熱中飴タブレット3味ミックスは、塩レモン、梅、グレープフルーツの3つの味が楽しめる熱中症対策用のタブレットキャンディです。

  • 商品名: 熱中飴タブレット3味ミックス
  • : レモン、梅、夏みかんの3味が入ったミックスタイプ
  • 特徴:
    • タブレットタイプで、溶けずに持ち運びができます。
    • ゆっくり舐めても、ガリガリ噛んで素早く塩分補給することができます。
    • 暑い時節のスポーツや仕事に最適です。

広告

熱中症の症状(めまい、筋肉痛、熱失神など

熱中症にはさまざまな症状がありますが、主なものとして以下が挙げられます。

めまい
体内の水分が失われることで、血液がドロドロになり脳への血流が悪くなります。そのため、立ちくらみやフラフラするめまいが起こります。

筋肉痛・脱力感
発汗による水分と塩分の喪失が原因で、筋肉への栄養供給が滞ります。そのため、全身の筋肉に痛みや脱力感が走ります。特に腕や脚の可動域が狭くなり、動作がぎこちなくなります。

頭痛・吐き気
脱水症状により、体液バランスが崩れ自律神経の働きが乱れます。そのため強い頭痛や吐き気、皮膚が乾燥するといった症状が出ます。

熱失神
激しい発汗で体内の水分が大量に失われ、血液の循環不全を引き起こします。意識を失って気を失う熱失神に陥る危険があります。

熱射病(ねっしゃびょう)
最も重篤な熱中症の症状です。体温調節機能が失われ、体温が40度以上にまで上昇します。意識障害、けいれん、高体温などの致命的な症状が現れ、生命の危険もあります。

このように、熱中症の症状は見逃してはいけません。重症化する前に適切な休息と水分・塩分補給を行い、速やかに体温を下げる必要があります。

広告

熱中症が重篤化すると命に関わる

熱中症が重症化すると、最悪の場合命に関わる危険な状態になります。

最も重篤な熱中症の症状は「熱射病」と呼ばれ、体温調節機能が失われ体温が40度以上にまで上昇します。

この状態では、意識障害、けいれん、高体温などの致命的な症状が現れ、適切な処置を施さないと生命の危険があります。

また、熱中症が進行すると、脳内の温度上昇で中枢神経に異常が起こり、さまざまな臓器に障害が出る可能性があります。

高齢者や基礎疾患のある人は特にリスクが高く、重症化しやすいため注意が必要です。

そのため、熱中症の初期症状(めまい、筋肉痛、頭痛など)に気付いたら、すぐに涼しい場所で休息を取り、水分と塩分を補給する必要があります。「1

水分補給が重要な理由

熱中症を予防するうえで、水分補給は非常に重要な役割を担っています。その理由は主に以下の2点があげられます。

  1. 発汗による水分と塩分の大量喪失を補う必要がある 暑い環境下では多量の発汗が生じ、体内の水分と塩分(ナトリウムイオンなど)が大量に失われます。この水分と塩分の喪失が、熱中症の大きな引き金になります。特に塩分不足は、細胞内外の浸透圧の変化を招き、筋肉けいれんや意識障害などの症状を引き起こします。[6]こまめな水分と塩分の補給で、この喪失分を補う必要があるのです。
  2. 血液循環の維持に欠かせない 発汗による脱水が進むと、血液がドロドロ状態になり、脳への血流不足が生じます。すると、めまいや意識障害などの症状に加え、筋肉への栄養供給も滞ります。[4]このように、水分補給は熱中症予防に欠かせない体内の血液循環を維持する上でも極めて重要です。

このように、こまめな水分・塩分補給により、発汗による喪失分を補給し、体内の水分バランスと血液循環を保つことが、熱中症を予防する上で欠かせません。スポーツドリンクなどの上手な利用が推奨されます。

運動中や暑い日の水分・電解質補給に最適!

商品の特徴

  • スポーツドリンクと同等の電解質バランスで、効率良く水分と電解質を補給できます。
  • 砂糖不使用でカロリー控えめなので、ダイエット中の方や健康志向の方にもおすすめです。
  • 持ち運びやすい個包装なので、外出先でも手軽に摂取できます。
  • 水に溶かして飲むだけなので、準備も簡単です。
  • 爽やかなスポーツドリンク味で、ゴクゴク飲めます。

こんな方におすすめ

  • 運動中や暑い日に水分・電解質補給したい方
  • ダイエット中の方や健康志向の方
  • 外出先で水分補給したい方
  • 手軽にスポーツドリンクを飲みたい方
  • 爽やかな味のドリンクを探している方

広告

発汗が引き起こす水分・塩分の大量喪失と熱中症リスク

熱中症の主な原因は、発汗による水分と塩分(ナトリウム、カリウムなどの電解質)の大量喪失にあります。暑い日や運動時などに多量の発汗が生じると、体内に蓄えられている水分と塩分が大量に失われてしまうのです。

この水分と塩分の喪失が、体内に次のような悪影響を及ぼします。

  • 水分が失われると血液濃度が高くなり、ドロドロ状態になる
  • 塩分(電解質)が失われると、細胞外と細胞内の浸透圧がくるう
    • 結果として、筋肉けいれんや意識障害などの症状が出る
  • 血液循環が悪くなり、脳への血流不足が生じる
    • めまい、一時的な意識喪失(熱失神)が起こる
  • 筋肉への栄養・酸素供給も滞る
    • 全身の筋肉痛や脱力感がでる

発汗による水分と塩分の大量喪失が、このように体内のバランスを崩し、さまざまな熱中症症状を引き起こすのです。

例としては、体の塩分が急速に不足しだすと手の指がいきなりギュギュウと指が伸縮するけいれんを引きおこします。

そのため、暑い日や運動時には、【こまめな水分・塩分の補給】が何より重要になります。スポーツドリンクの利用がおすすめです。発汗量に応じて、適量の水分と塩分を補給することが熱中症予防につながります。

水分不足が熱中症の引き金に

熱中症は、高温環境にいることで体温の調節機能が低下し、身体にさまざまな異常が起こる状態を指します。水分不足が熱中症の引き金となる理由は次のような点にあります。

  1. 体温調節の障害:
    • 水分不足により、汗をかいても体温を下げるための体温調節機能が低下します。
    • 汗をかいても十分な水分が補給されない場合、体温が上昇しやすくなります。
  2. 血液の濃度上昇:
    • 汗をかくことで水分とともに塩分も失われます。
    • 水分不足により血液が濃くなり、血液の流れが悪くなります。
    • 血液の濃度が上昇することで、心臓への負担が増加し、熱中症のリスクが高まります。
  3. 脱水による臓器への影響:
    • 脱水状態が持続すると、臓器の機能に影響を及ぼします。
    • 特に脳や腎臓などの重要な臓器は水分不足に敏感であり、熱中症の発症リスクが高まります。

水分補給が重要な理由

熱中症は命にかかわることがある症状であり、事前の予防が大切です。

その中で特に効果的な方法が、正しい水分補給です。適切な水分補給は熱中症予防の基本です。

  • こまめな水分補給:
    • 汗をかいたら、すぐに水分を摂りましょう。
    • 長時間の屋外活動や運動をする場合は、定期的に水分を補給しましょう。
  • 塩分も考慮:
    • 汗で失われる塩分も補給する必要があります。
    • 食事やスポーツドリンクを通じて塩分を摂取しましょう。
  • 個人差に注意:
    • 個人差があるため、自分の体調や環境に合わせて水分補給を調整しましょう。

水分不足を防ぐことで、熱中症のリスクを低減できます。暑い季節には特に水分補給に気を配りましょう。1 

3. 熱中症予防のための注意点

  • 適切な着衣: 通気性の良い服装や帽子を着用し、直射日光を避けましょう。
  • 休憩と適切な活動: 長時間の屋外活動や激しい運動は避け、こまめな休憩を取りましょう。
  • 体温のチェック: 自己の体調や体温を定期的にチェックし、異常を感じた場合は速やかに適切な処置を行います。

適切な水分補給と熱中症予防は、暑い季節における健康管理の重要なポイントです。常に体調を気にし、適切な対策を行うことで、安全に快適な夏を過ごしましょう。

効果的な水分補給の方法

適切な水分補給は、熱中症予防の重要な要素です。しかし、ただ水を飲むだけでなく、効果的な水分補給方法を選択することが重要です。以下に、効果的な水分補給の方法を紹介します。

1. スポーツドリンクの利用

  • スポーツドリンクは、水分だけでなく、失われた塩分や糖分も補給することができます。特に長時間の運動や激しい運動を行う場合は、スポーツドリンクの利用が効果的です。
  • スポーツドリンクには、エネルギー補給や水分補給に役立つ成分が含まれています。熱中症予防に有効な選択肢の一つです。

2. 凍らせたフルーツの利用

  • 凍らせたフルーツを水に入れて飲むことで、水分補給がより楽しくなります。また、フルーツに含まれる天然の甘みや栄養素も一緒に摂取することができます。
  • レモンやミントを加えることで、爽やかな風味を楽しむこともできます。飽きずに水分補給を続けるための工夫です。

3. 食べ物からの水分摂取

  • 野菜や果物には水分が豊富に含まれています。スムージーやサラダなど、水分を含む食品を摂取することで、水分補給を補助することができます。
  • 特に夏場は、水分を多く含む食品を積極的に摂取することで、体内の水分量を保つことができます。

自家製の飲料も有効

冷えたイオン飲料の利用が手軽ですが、自分で調製するには1リットルの水にティースプーン半分の食塩(1~2g)と角砂糖を好みに応じて数個溶かしてつくることもできます。

効果的な水分補給の方法

スポーツドリンクは、運動中に汗として失われるナトリウムなどのミネラルと、エネルギー補給のためのブドウ糖などが含まれています。以下にスポーツドリンクと塩分補給に関するポイントを解説します。

  1. 汗で失われる塩分(ナトリウム)の補給:
    • 運動で汗をかくと、水分だけでなく塩分も体外に放出されます。
    • 体液のミネラル濃度を一定に保つため、塩分を含んでいる飲料を選ぶことが大切です。
    • スポーツドリンクは、ナトリウムを適切に補給するための選択肢です。
  2. 水分の吸収における糖質の重要性:
    • 糖質は小腸での水分吸収を促進します。
    • スポーツドリンクには糖質が含まれており、水分の吸収を助けています。
    • 糖質濃度は2.5~8%の範囲で最も吸収率が高いことが知られています。
  3. スポーツドリンクの適切な糖質濃度:
    • スポーツドリンクは、運動中のエネルギー補給にも役立ちます。
    • 糖質濃度は運動強度や個人の体調に合わせて調整しましょう。
  4. 温度は5~15℃に冷やす:
    • スポーツドリンクは適切な温度で飲むことが重要です。
    • 5~15℃程度に冷やすと、飲みやすくなります。
      スポーツドリンクは、運動時の水分補給と塩分補給に効果的な選択肢です。
      1 

補給の目安(発汗量に合わせる

運動中や高温多湿な環境下では、汗をかく量が増えます。

このとき、失われた水分や塩分を効果的に補給することが重要です。

発汗量に合わせた水分補給の目安を知ることで、適切な補給量を把握し、熱中症や脱水症状を予防することができます。

  1. 運動中
    • 1時間に3〜4回、1回約200〜300ml程度を目安に水分を補給します。
    • 運動中もこまめに水分を摂ることが大切です。
  2. 運動後
    • 運動中に失われた水分の1.5倍を意識的に摂りましょう

1. 発汗量の測定方法

  • 発汗量を正確に測定する方法はありませんが、以下の方法を参考にすることで、おおよその発汗量を把握することができます。
    • 服や体重の変化: 運動前と運動後の体重を測定し、失われた体重からおおよその水分量を推定します。
    • 汗の量や濃度: 汗の量や濃度を目視で確認し、発汗量の目安を得ます。

2. 水分補給の目安

  • 発汗量に応じて、適切な水分補給量を計算します。一般的な目安は、1kgの体重減少につき1リットルの水分補給が必要とされています。
  • 例えば、1時間の運動で体重が1kg減少した場合、その間に約1リットルの水分を失ったと考えられます。したがって、運動後に1リットルの水分を補給することが適切です。

3. 水分補給のタイミング

  • 運動中や運動後、汗をかいた直後など、発汗量が増加したタイミングで積極的に水分補給を行います。
  • 水分補給は、のどの渇きを感じたときだけでなく、定期的に行うことが重要です。こまめな補給が体内の水分バランスを維持するのに役立ちます。

4. 塩分補給の重要性

  • 運動中に失われる塩分も適切に補給することが重要です。スポーツドリンクなど、塩分を含む飲み物や食品を摂取することで、塩分の補給を行います。

発汗量に合わせた水分補給は、適切な補給量を把握し、健康的な運動をサポートするための重要な手段です。発汗量や体調に合わせて適切な水分補給を行い、熱中症や脱水症状を予防しましょう。

熱中症対策2024:3つの効果的な方法とおすすめグッズの選び方

まとめ

  1. シーズンを通して、暑さに負けない体づくりを続けよう:
    • 適度な運動、適切な食事、十分な睡眠を心がけましょう。
    • 水分補給をこまめに行い、塩分も適切に摂りましょう2.
    • 睡眠環境を整えて、翌日の熱中症を予防しましょう。
  2. 日々の生活の中で、暑さに対する工夫をしよう:
    • 室内の温度を快適に保ち、直射日光を避けましょう。
    • 衣服を通気性の良い素材で工夫し、適切な日よけを使用しましょう。
  3. 特に注意が必要なシーンや場所で、暑さから身体を守るアクションを:
    • 炎天下でのスポーツや作業時には、適度な水分と塩分の補給を行い、こまめに休憩を取りましょう。
    • 携帯型熱中症計や熱中症指数をチェックして、熱中症の危険度を把握しましょう。

2024年今年の熱中暑対策におすすめのアイテム

今年の熱中症対策におすすめのアイテムをいくつかご紹介します。

  • ポストニックウォーター:汗で失われた水分と電解質を素早く補給できるドリンク
  • 冷感タオル:首筋や額を冷やすことで、体温を下げることができる
  • ネッククーラー:首元を冷やすことで、涼しく快適に過ごせる
  • 携帯扇風機:手軽に涼風を送ることができる
  • 偏光サングラス:紫外線をカットし、目を保護する
  • 熱中症対策服:通気性や吸湿性に優れた服

これらのアイテムをうまく活用して、熱中症を予防しましょう。

引用: 厚生労働省

コメント