熱中症に負けないために――2022年の熱中症データから考える注意点と対策

楽天ランキング
熱中暑

猛暑がやってくる季節になり、熱中症対策がますます重要となっています。去年の熱中症に関する情報を振り返ると、日本では2,605人が熱中症で亡くなり、そのリスクは特に高齢者や慢性疾患を持っている人、子供や妊婦、肥満などにとって高いことが示されています。ここでは、熱中症の症状や予防策について概要を説明します。

この記事はスポンサー提供の広告がふくまれています。

2022年6月熱中症、1週間で4,551人が救急搬送

日本では2021年、熱中症による死者数が2,605人と報告され、前年に比べては減少したものの、未だ深刻な問題が残っています。

2023年1月13日時点の速報値によると、2022年に発生した熱中症による死傷者は、死亡者28人(前年比8人増加)と、休業4日以上の死傷者805人(前年比244人増加)でした。

これにより、2021年と比較して、死傷者数と死亡者数が増加しました。業種別に見ると、全体の約4割が建設業と製造業で発生しています。

熱中症の症状には、めまい、頭痛、吐き気、疲れ、筋肉痛、食欲不振などが挙げられます。このような症状が現れた場合は、速やかに涼しい場所で休息を取るなどして対処する必要があります。

また、熱中症の予防策として、十分な水分補給や適切な服装、運動中の休憩などが重要です。

特に高齢者や慢性疾患を持っている人、子供や妊婦、肥満などは熱中症のリスクが高く、注意が必要です。去年のデータを参考に、今年の猛暑対策には十分な注意が必要です。

もう暑い、暑い!去年の東京6月最高気温36・4度記録 6日連続の猛暑日、一体どうなっているのよ💦夜も暑くて寝れたもんじゃないよ。エアコンの効きも悪いし扇風機の風が生暖かい~気持ちが悪い💦

本当に嫌、もう体が溶けそうこの暑さが毎日続けば体が溶けちゃうよ🔥🔥🔥
本当にたまらない、みんなどうやって耐えているの?

去年の都心の猛暑は、半端なく地獄のような暑さが連日続いていたのです。

商品ランキング

熱中症にご用心 水分補給のタイミングが大事

暑いときには、水分補給が一番だよ。僕は、毛で覆われているからなおさら暑い、この炎天下では、体がいつ燃える🔥か分からないよ~本当に暑いです。

これだけ暑いと本当にいつ燃え上がるか分かれませんね。今年は、6月に入ってから東京では、熱中症で、1週間で4,551人が救急搬送されているんです。本当に命の危機がもう6月から始まっているんです。

外に外出した時は、必ず水分補給出来るように水は絶対に欠かせないです。息するのが苦しくなります。

気温が高いと体の熱が上昇してくるので、喉が渇いたと感じたときには、おそすぎて熱中症で救急搬送されていく方が多いです。

すでに6月20日から26日で4,551人救急搬送されています。

記録が残る、1875年以降で東京都心では、午後2時までに埼玉県鳩山町の39・9度や浜松市天竜区の39・4度も気温が上がっていたようです。今の生活も命がけです。

水分取っていても熱中症になる どうして?

熱中症は、ただ水分を取っていれば、熱中症にならないとは、限りません。水分を取れば、汗はかきます。しかし、汗をかきたくても汗が、かけないわけです。

汗を十分かけないことで熱中症になられる方が多いんです。その理由としては、水分を取っても熱中症になられる方は、汗腺の機能が低下しているんです。

何故かというとどうしても外がちょっと暑いと部屋の中の温度も上がります。どうしても直ぐにエアコンをつけるから汗の出にくい体質になってしまいます。

汗は、体の体温が上がると自律神経の作用で汗を出して体の体温を下げるようになっているんです。

冬の間に汗腺の機能が低下しいるで、今度は、気温が上がると少しでも汗が出るように汗腺の機能を上げていかないと十分な汗をかくことが出来ないわけです。

広告

エアコンを付けて部屋の中に一日中過ごすのではなく適度に外に出て体を動かし汗をかきやすい体質にしていったほうが暑さに耐える一番の方法です。特にサウナは、入れる時に行ったほうが良いです。

大事なことを忘れていました、汗をかきすぎたらどうしても塩分が一緒に体から流れていきます。体から塩分が切れかけると恐ろしいことになります。

何が恐ろしい? これは、経験した人でないと分からないですが体から塩分が消えてしまうと手の指が突然キュギュと言った感じで手の指が伸縮するような感じです。特に痛みは、無かったけど突然でびっくりでっす。

その時は、職場の冷蔵庫から梅干しを取り出して、いそいで2個食べました。梅干しも塩分が有るので、ご飯と一緒に梅干しを食べると塩分補給できます。不思議に梅干しは、見ただけで口の中が酸っぱくなります。

熱中症の症状と予防

熱中症の症状は、行動と環境、体と言われています。部屋な中で温度と湿度が高ければその条件に当てはまることになります。

適度にエアコンを使って湿度と温度を下げて水分の補給しながら体を整えておくとよいでしょう。扇風機も一緒に回しておくと部屋の空気が循環するので回したほうがいいです。

朝から気温と湿度が高い日などは会社の通勤の時からめまいをすることも有るので朝の朝食は、必ず取って体の体調を整えていれば大丈夫です。

買い物に行くときも長い時間炎天下の場所には、避けて直ぐにエアコンが効いている施設、例えば食品売り場に入ると涼しいです。そうした行動が、熱中症の予防になります。

熱中症は、日頃の行動の中で予防する必要があります。特に車の中は、ガンガンエアコンを効かせて走るようにしたほうが良いです。車の中でも水分補給は、しっかり取って下さいね。

熱中症の症状

主な熱中症の症状は、急に気分が悪くなったり目まいや立ちくらみで座り込んだりしまいます。ひどくなると嘔吐や筋肉のけいれんなどが起きます。

熱中症の症状で一番怖いのは、脱水症状で引き起こす影響は、脳の機能、消化器、筋肉、この3つの機能障害で引き起こすと最悪な状況となり命の危険があります。

3つの機能は、どちらも水分が一番必要な臓器で脱水症状で引き起こすと深刻な障害につながります。3つの臓器の一つでも疑われるようでしたら熱中症の症状と疑うべきです。

 3つの臓器で起きる変調
  • 脳:めまい、立ちくらみ、集中力・記憶力の低下、頭痛、意識消失、けいれん
  • 筋肉:筋肉痛、しびれ、麻痺、こむら返り
  • 消化器:食欲の低下、ムカムカする、腹痛、下痢、便秘、嘔吐

熱中症対策アイテム

熱中暑管理温度計

広告

広告

スクイズボトル キャリージャケット

まとめ

  • 外の外出は、必ず水分を補給出来る準備をする。
  • 炎天下の外では、長時間滞在しない
  • 暑い時は、涼しい場所に移動する
  • 喉が渇いたと思う前にこまめに水分を補充する
  • 水分を補給しても熱中症対になる時がある
  • 部屋では、適度にエアコンを使用して熱と湿度を下げて体を整える
  • 適度に外に出て体を動かして汗腺の機能を高める
  • 汗をかくと水分と一緒にイオンや塩分が失われるのでこまめに補給する
  • 熱中症の症状は、3つの臓器が障害をお起こすことで症状が出てくる。
  • 熱中症対策は、日頃から準備を進めておく。

コメント