命を脅かす熱中症は予防が大切!熱中症警戒アラート活用

楽天ランキング
生活

近年は、平均気温の上昇で6月になると早くも熱中症で病院に搬送される方が増えています。2022年6月頃になると最高気温37度~以上の気温が観測され熱中症で亡くなられる方が出ています。2023年の夏もかなり気温が上がりそうなので普段の生活環境の中で熱中症対策が必要です。

この記事はスポンサー提供の広告です。

商品ランキング

気温や湿度が高い日は熱中症の発症数が急増

今日は、サイトの訪問有難うございます。心から感謝申し上げます。
今年の夏は、早々と暑さがピークになっていますね。すでに最高気温は約40度出ている所もあります。

本当に今年の猛暑は、いつもより早く到来しています。今では、気温が37~38度は、当たり前のような感じです。猛暑の中では、行動も考えて行動しないと大変です。


簡単に熱中症になってしまうので、普段からの熱中症対策を心がけるようにして下さい。

軽く見ていると今の猛暑は、ほぼ地獄です。本当に気が付かないうちに救急車に運ばれてから気がついた時は、病院のペットの中です。なるべくなら日陰に入っていたほうがいいです。水分の補給は、こまめにしておいたほうがいいです。でないと・・・

体の体温も上がり猛暑の中で行動していると体の水分が急激に奪われてから気がついたときには、熱中症の症状が出てから救急車で病院に搬送されます。

子供さんも熱中症対策にお母さんが特に気をつけてあげる必要がります。小さい子供さんは、身長がひくい分地面からの距離が短いので照り返しがまともに体に浴びることになり体の水分蒸発します。

子供の体の体温は、大人よりは高いので、どうしても水分を多く取る必要があります。暑い猛暑の中を耐えられる体にはまだ備わっていないので、少し気分がすぐれない時は、水分を補給して早めに日陰入るようにしましょう。

よく赤ちゃんをベビーカーに乗せて一緒に保育園のおくり向かいや買い物に出かけたりします。赤ちゃんは。口がきけない分どうしても赤やんの気持ちが分かってあげられません。

お母さんは、その分きをつけて挙げないと赤ちゃんが可愛そうです。ベビーカーと地面の感覚が短い部どうしても地面からの照り返しがまともに浴びてしまうので予防対策が必要です。

ベビーカー向けの熱中症対策もありますのでしっかり赤ちゃんを守ってあげて下さいね。

過去2022年から熱中症で1700人以上の方が亡くなられ高齢者が多いです。おもにエアコンのない部屋にいるためどうしても熱と湿度の高さで部屋の中で亡くなられる方が急増しています。

真夏の夜でも熱中症になられ方が多いので特に注意が必要です。夜の熱中症はおもに湿度が70%が原因となっているので必ずエアコンは、24時間動かして扇風機も活用し熱中症に備えて下さい。

エアコンの温度は、28度は絶対にNGです。最低でも23度から24度に設定して下さい。

何故かというとエアコンは購入した年は、28度でも効きますが、少し古くなるとコンプレッサーの基盤の劣化に伴いエアコンの効きが悪くなっています。新品の場合は、27度のほうが良いです。

熱中症は予防が大切

真夏の猛暑日は、熱中症にならないための予防対策が必要です。熱中症になる原因は、3つの理由で熱中症になると言われています。人の体の中に差も水分が溜まっている場所です。

一つの理由は、頭の中に有る脳です。脳は、水分がたっぷり必要です。水分が不足すると頭が痛くなったり目まいの症状となり大変なことになります。

のどが渇く前に、こまめに水分を補給する(目安は1日あたり1.2リットル)。
たくさん汗をかいたときは、スポーツドリンクや塩あめなどで水分とともに
塩分の補給が大切です。

毎日の食事でみそ汁や梅干しなど塩分を手軽に取れます。夏場には漬物などがあっさりしているので漬物類なども塩分補給が出来ます。

特に暑い夏は、汗が流れると水分と塩分が一緒に流れていきます。

2つの理由は、内蔵です。内蔵は、最も水分が必要な場所です。水分が不足すると嘔吐や吐き気の原因になり命の危険にもなります。

3つの理由は、体の筋肉です。体の筋肉の水分が奪われたら体の痙攣を引き起こすことになります。気温28度以上超えた時、気が付かないうちに体の水分が失われ危険な状態になります。

熱中暑の危険度は、温度だけでなく温度+湿度が高くなると熱中症のリスクが高くなります。

部屋の中でも水分の補給は、常に心掛けて喉が乾いたと感じる前にこまめな水分補給が必要です。少しでも体の隅々まで水分がいきわたるようにしましょう。

予備知識ですが体の温度を下げる方法があります。
その方法は、手です。


手の中に有る血管は、普段は休んでいる血管があります。体の温度が急激に上がってきたら太い血管が開いて冷えた血液が体中に駆け巡り体の温度を下げる働きがあります。

冷えたペットボトルか、凍らしたペットボトルを手に持って握っているだけです。
それで手に伝わって冷えた血液が体の中に流れていきます。


それだけで体の温度を下げることが出来ます。
手は、普段知られていない隠れた機能が備わっています。

熱中症警戒アラート活用

スマホの天気アプリにも入っていますが熱中症警戒アラートを活用して熱中症予防に備えて下さいサイトにアクセスしたらその日の詳しい情報と対象方法が詳しく出ています。

PC版はこちらです。 熱中症警戒アラート   熱中症予防サイト

熱中症に備えるためのアイテム

よくコンビニなどで見かける商品でOS-1です。確かにポカリスエットやアクエリアスでもいいのですがOS-1のほうが効果的です。素早く体内に吸収が早いです。

経口補水液とは、ブドウ糖と食塩を水に溶かして作られた飲料のこと。スポーツドリンクより速くエネルギーを吸収することができ、熱中症の症状に最も適しているといえます

引用: 教えてgoo

エアコンの効いた部屋にいる時や涼しい場所でこまめに水分補給する時は、アクエリアスや水でも十分です。

まとめ

  • 熱中症になる原因は、気温27以上の猛暑日に体の水分が急激に奪われるため
  • 熱中症になる原因は湿度が70%以上関係している。
  • 体の水分の蒸発が早いため喉が渇いたと思う前にこまめな水分補給が必要
  • 少しでも気分がすぐれないときには、水分補給して日陰に入って休む
  • 熱中症の症状は3つの臓器の水分が急激な不足になった時に発生する
  • 小さい子供は、身長がひくい分地面との距離が短いので直接放射熱を浴びることになる。
  • 小さい子供は、大人より体温が高いため水分補給は、多めに準備する
  • 赤ちゃんは、ベビーカーに載せている時、地面の放射熱で熱中症のリスクが有る
  • 熱中症対策の準備をしてから野外の活動をする。

コメント