歯の痛みの原因と歯の神経を抜く必要性について

楽天ランキング
生活

突然起きる歯の痛みは、誰もが耐えきれる痛みではないです。早くの痛みから解放されたいと思って医者で治療してもらい、先生からもう神経を抜いておきましょうと言われたので神経を抜いたら後から痛みが続いてきます。神経が無いのになぜ痛む?神経は、突然死ぬことが有りますか?

この記事はスポンサー提供の広告です。

商品ランキング

突然襲われる歯の痛みに耐えきれず歯の神経を抜いてしまう

突然、虫歯の痛みに襲われて泣き叫びそうになるほどの歯の痛みがズキン、ズキン、と頭まで響くほどの激痛は、誰もが耐えがたい思いをされておられる方は、少なくないです。

鏡で痛みのある歯を見てみるとぼっかり穴が空いているので多分虫歯歯が痛いのだと思って直ぐに歯医者に行ってみてもらおう。

本当に耐えがたい痛みが体中から響くように感じられます。心臓の鼓動に合わせてズキン~ ズキン~とします。

もう本当に痛くてたまらないもう泣きそうです😢

もう泣いているじゃないの?

もう痛くて死にそうです。早く歯医者に行って神経を抜いてもらって

らくになりたいです。

むやみに歯の神経は抜かないほうがいいと聞いたことが有るけど

大丈夫なの?

これだけ痛ければ抜いてもらうしかないよ

早く楽になりたい、今から歯医者に行ってくるね。

歯の神経は、簡単に抜ても影響は出ない?

歯の神経抜くことは、歯の根管治療と呼ばれ、深刻な虫歯、歯の破折、または歯髄炎(神経が炎症を起こす状態)の治療法として一般的に行われます。

歯の根管治療において、歯の神経や血管組織(髄)を摘出することを「抜髄」と呼びます。この場合のメリットとしては、以下のようなものがあります。

歯の根管治療における抜髄
  • 痛みの軽減:歯の神経が感染や損傷を受けると、激しい痛みを引き起こすことがあります。抜髄によって神経を取り除くことで、痛みを軽減することができます。
  • 感染予防:歯の神経や血管が感染すると、炎症が起こり、化膿や膿瘍を引き起こすことがあります。抜髄によって病巣を取り除くことで、感染の拡大を防ぐことができます。
  • 歯を残すことができる:歯の根管治療によって神経や血管を取り除くことで、歯を抜く必要がなくなることがあります。歯を残すことで、噛み合わせや口の健康を維持することができます。

腫瘍の除去:腰椎などの骨には腫瘍ができることがあります。抜髄によって腫瘍を取り除くことで、がんの進行を防ぐことができます。

以上のようなリスクがあるため、歯の神経を抜くことには慎重に考え、信頼できる歯科医師のアドバイスを受けることをお勧めします。

また、歯の根管治療後は、適切なケアを行い、定期的な歯科検診を受けることが重要です。

歯の神経を触るときは、歯医者を慎重に選んだほうが良いです歯医者の判断で歯を残せる確率が1%あれば根管治療で治療してくれる歯医者もあります。

たとえ5%の確立でも歯医者によって簡単に抜かれることが有ります。私の場合は、よほどのヤブかと思うぐらい健康な歯茎でもまとめて4本抜かれたことが有ります。(´;ω;`) 最悪です。

歯医者の選びのポイントは、小さい子供の人気が有る歯医者などで評判の厚い歯医者を選ぶと失敗することはないです。

歯の神経を抜く必要性があるケース

  • 歯の神経が死んでしまった場合
  • 歯根の病気(歯周病、歯根膿瘍など)によって歯の神経が痛みを引き起こしている場合
  • 歯を強く打撃した場合、歯髄が損傷し、痛みが継続する場合

歯の神経を抜かなくてもよいケース

  • 歯の神経が健康で、痛みが軽度である場合
  • 歯傷害による軽度の痛みで、歯髄に損傷がない場合
  • 虫歯が進行しているが、歯髄に炎症がなく、痛みが軽度である場合

以上のように、歯の状態によって歯の神経を抜く必要性があるかどうかが異なります。

歯科医師に診察を受け、適切な治療を受けることが重要です。歯の神経を抜いた場合、歯の機能が低下することがあるため、できるだけ歯の神経を残す治療法を選択することが望ましいです。

良い歯医者の選び方

歯医者で神経を抜いても痛みが取れません。私は去年から4本歯の神経を抜きましたが、根管にガタパーチャという薬を詰め治療が終わっても、毎回数日後に痛みが出て結局再根管治療になります。
その為、予後が悪くなり痛みが酷くなって抜歯に至りました。
考えたら、全て仮詰めがストッピングというゴムの詰め物だけだったので根管に細菌が侵入していたのだと思うんです。

他の患者さんで私の様に痛みが取れない人はいなかったらしく、私がおかしいのかとショックです。
同じ経験をされた方おられますか?
私の場合仮詰めをおろそかにされて抜歯に至ったのだと思いませんか?私はそれが原因だとしか疑わざるをえません

回答

yokさん

2022/8/3 22:37

神経の治療をするということを、もっとしっかり考えてみましょう。
保険診療における、そもそもの神経の治療の成功率は9割を切ります。また、治療後に5年生存率は7割を切ります。
特に、虫歯によって露髄していた様なケースではもっと低いです。そして、保険診療は成功報酬ではありません。

良い点は、だれもが簡単に安く治療を受けられる点と、成功率が低い難治療であっても誰でも着手しやすい点です。悪い点は、成功率が低い点があげられます。
治療着手してくれてありがとうと思うか、失敗して酷い歯医者だと思うかは、あなた次第です。
見た感じで、残せそうかなと1%でも思ったら治療する先生もいます。1%だったら抜歯だなって思う先生もいます。
上手で成功率が高い先生もいるし、下手くそで根治→分割抜歯→抜歯となる確率が高い先生もいます。

引用: ヤフー知恵袋

しかし、今回は、心臓の鼓動に合わせてズキン ズキンとうずくほどなら歯の炎症が起こり、炎症から化膿している可能性が高いです。

その場合は、歯の根管治療をする必要が有ります。中で化膿して膿がたまっているようなら治療してか

ら神経を残すか抜くかは、歯医者の先生の判断に委ねるしかないです。

歯の神経を抜いた後の影響

歯の神経を抜く治療法は、根管治療と呼ばれ、虫歯や歯周病、歯の根部の病気などによって歯の神経が損傷を受けた場合に行われます。

一般的に、根管治療は安全で効果的な治療法ですが、以下に示すようなリスクが存在します。

歯の神経抜く際には、以下のようなリスクがある可能性があります。
  1. 根管治療中に感染が起こる可能性があります。これは、治療が不十分であったり、治療中に細菌が侵入した場合に発生することがあります。感染が進行すると、歯周病や歯根膿瘍を引き起こす可能性があります。
  2. 歯の神経を抜くと、歯の内部が空洞になり、歯が弱体化する可能性があります。そのため、強い咬合力が加わる場合には、折れたり割れたりすることがあります。
  3. 根管治療後には、しばしば痛みや不快感が残ることがあります。しかし、このような症状は通常数日から数週間で軽減することがあります。
  4. 根管治療を行った後、再び同じ箇所に痛みが生じることがあります。これは、治療が不十分であった場合や、再感染が起こった場合に起こることがあります。

以上のようなリスクがあるため、歯の神経を抜くことには慎重に考え、信頼できる歯科医師のアドバイスを受けることをお勧めします。

また、歯の根管治療後は、適切なケアを行い、定期的な歯科検診を受けることが重要です。

歯の神経は、死ぬことが有る?

はい、歯の神経は死ぬことがあります。歯の神経は、歯の中心部にある生きた組織で、歯を感覚的に感じる役割を担っています。

歯の神経は、虫歯や歯周病、歯の根部の病気などによって損傷を受けると、炎症が起こり、最終的には壊死(細胞の死滅)してしまうことがあります。このように、神経が壊死した状態を「死骸神経」と呼びます。

死骸神経が残っている場合、感染や炎症を引き起こすことがあります。そのため、歯科医師は、死骸神経を取り除く根管治療を行うことがあります。

根管治療は、歯の内部を清掃し、死骸神経を取り除き、その後、歯を充填することで、歯を守ることができます。

歯の神経が壊死しているかどうかは、歯科医師が診断を行うことで判断されます。定期的な歯科検診を受けることで、早期に神経の異常を発見し、適切な治療を受けることができます。

しかし、虫歯や歯の損傷、歯肉炎などが進行すると、神経が損傷を受けることがあります。神経が死んだ場合、歯の中に死んだ神経組織が腐敗し、炎症を引き起こすことがあります。

歯の神経を抜いた後から痛むのはなぜ?

歯の神経を抜いた後に痛みが発生する理由は、根管治療中に完全に除去できなかった死んだ神経組織や細菌が残っている場合があるからです。これによって感染が引き起こされ、炎症が生じることがあります。

また、根管治療の際に歯の周囲の組織や歯根に一時的なダメージが生じることもあります。これらのダメージによって痛みが生じることもあります。

また、治療後の適切なケアを怠っている場合にも痛みが生じることがあります。治療後に、歯にかかる力や圧力が強い場合、または噛み合わせが合わない場合など、歯の周囲の組織に痛みを引き起こすことがあります。

以上のような理由により、根管治療後、歯の神経を抜いても痛みが続く場合が有ります。気になられたら歯医者の先生に相談してみることをお勧めします。

こんな悩みや疑問を持たれておられる方もおられるはずです。

参考にしていただければ幸いです。

広告

まとめ

  • 突然の歯の痛みは、早く歯医者に行って痛みの原因を取ってもらいます。
  • 心臓の鼓動に合わせてズキンズキンとうずくなら化膿している可能性が高いです。
  • 膿が溜まっているようなら歯の根管治療で奇麗に消毒してもらいます。
  • 根管治療のメリットは歯の神経や血管が感染すると、炎症が起こり、化膿や膿瘍を引き起こすことがあります。抜髄によって病巣を取り除くことで、感染の拡大を防ぐことができます。
  • 歯の神経を抜いた後の影響は残された神経組織:歯の神経を完全に取り除くことができない場合があります。残された神経組織があると、再び感染が起こる可能性有ります。
  • 歯の神経は、死ぬことが有ります。神経が死んだ場合、歯の中に死んだ神経組織が腐敗し、炎症を引き起こすことがあります。先生からこの歯は神経が死んでいるので抜いて治療しましょうと言われたら治療していただいた方がよいです。
  • 歯の神経を抜いた後から痛みは、根管治療中に完全に除去できなかった死んだ神経組織や細菌が残っている場合があるからです。長引く危ないので先生に相談することをお勧めします。

コメント