20203年4月1日自転車 ヘルメット着用義務化 9日後 京都で自転車同士の事故

楽天ランキング
生活

2023年4月1日から自転車に乗って走るときは、ヘルメット着用が努力義務化の適用に変更になりました、9日後に京都でヘルメット未着用の自転車通しがぶつかる事故がおきました。いずれ自転車に乗る時にヘルメット着用努力義務化の後の事故の反響は?

この記事はスポンサー提供の広告です。

商品ランキング

2023年4月1日自転車のヘルメット着用義務化

2023年4月1日から自転車に乗って走るときは、ヘルメット着用が努力義務化の適用に変更されています。努力義務化と言っても法律では、得に違反ではないのですが、ヘルメット未着用で、自転車に乗って走っても違反にはなりません。

子供の自転車は、保護者の責任

子供の場合は、保護者の責任で子供が自転車に乗るときは、ヘルメットをつけさせております。子供が自転車に乗って走るときは、転倒のリスクがどうしても高いため親ならどうしても自転車に乗せる時は、ヘルメットを着けさせています。

自転車から路面の高さが3.5m有るのでそのたかさから転倒したらどうしても頭が先に地面に激突してしまうのでかなりの衝撃を受け子供の大事な頭を損傷受けることになります。

しかし、自転車に乗るときの努力義務適用の直後4月9日に京都で自転車通しがぶつかり一人の死亡事故が出ています。

自転車ヘルメット着用努力義務から完全義務化になる可能性は?

4月9日、京都府京田辺市の緩やかな坂が続くサイクリングロードで、自転車同士が正面衝突する事故が発生しましています。

この事故により、62歳の男性が頭を強く打ち、死亡しました。44歳の女性は後頭部などを打ちましたが、軽傷で済んでいます。

事故の原因については、現場付近が坂道のカーブになっており、見通しが良くない場所であったことが原因である可能性があります。

事故当時、女性はヘルメットを着用していましたが、男性はヘルメットを着用していませんでした。事故当時の状況について、女性は「あっと思ったら、ぶつかった」と述べています。

事故再現映像では、衝突した瞬間、2人とも激しく跳ね飛ばされ、交通事故鑑定人の熊谷宗徳氏によると、ロードバイクのようなスピードが出やすい自転車で衝突した場合、お互い3.5メートルくらいの高さから地面に落下するような衝撃を受けることになります。

ヘルメット着用義務化から9日自転車同士事故発生

京都府内では初めてヘルメット未着用による事故となりました。自転車事故において、ヘルメットを着用していなかった場合、致死率が2. 1倍になるとされています。

交通事故に遭った場合、体の中で頭が一番重く、頭を守ることができるのはヘルメットだけです。

ヘルメット着用の重要性は高いと言えます。改正道路交通法により、年齢を問わず自転車に乗るすべての人にヘルメット着用が努力義務化されたことも、改めてヘルメットの重要性を示す事故と言えます。

また、法律の改正で努力義務になっているので、子供さんはもちろんヘルメットは必ず被って出かけましょうね。大人は、子供さんの手本にならないといけないので必ずヘルメットはかぶりましょう。

特に自転車は、急な下り道には、注意が必要です。京都の地理は、割と坂道や下り坂多いので自転車でも坂道から走らせるとかなりのスピードが出てきます。

しかし、下り坂から自転車をこいで走らせると平坦な道でも普通にこいでも20kmぐらいのスピードが出ていますから下り坂なら50km以上になります。

自転車の衝突は、色んな条件が重なると計り知れない衝撃が発生する

自転車を下り坂でこいで走らせる場合、速度や坂道の勾配、風向きや強さ、自転車の種類や状態など多くの要因によって走行距離や速度は異なりますが、かなりのスピードが出るので自転車や人にぶつかれば、計り知れない衝撃をうけてしまいます。

例えば、自転車の走行中に電柱に激突したとします。最も一般的なのは、人が自転車から投げ出されて転倒し、地面に激突することです。

この場合、頭部や手首、肘、膝、腰などの部位が強く打撲や擦り傷を負う可能性があります。

さらに、落下中に他の物体に激突する可能性もあるため、その場合は様々な部位が損傷を受ける可能性があります。

また、自転車が衝突で急停止した際に、人が自転車のハンドルやフレームに激突することがあります。この場合、顔や首、胸などの部位が損傷を受ける可能性があります。

激突してから前方に押し出されると自転車のハンドルに体の胸部分を打撲したりするので脇腹の骨が折れてしまうかもしれません。仕事もしばらくは出来ない状態になります。

落下すれば人の体は、先に頭を地面に激突するので必ずヘルメットは、着けておきましょう。

自転車用ヘルメット スタイリッシュで好まれる

オシャレで可愛いヘルメットです。見た目は、普通の帽子の感覚でつけられるので通勤中や通学で違和感なく着用出来ます。

広告

まとめ

  • 2023年4月1日から自転車に乗って走るときは、ヘルメット着用が努力義務化の適用に変更されています。
  • 子供に自転車に乗せる時は、転倒のリスクが高いので、保護者の責任でヘルメットをつけさせます。
  • 4月9日、ヘルメット着用義務化から9日後、京都府京田辺市の緩やかな坂が続くサイクリングロードで、自転車同士が正面衝突する事故が発生しています。
  • 自転車を下り坂でこいで走らせる場合、速度や坂道の勾配、風向きや強さ、自転車の種類や状態など多くの要因によって走行距離や速度は異なりますが、かなりのスピードが出るので自転車や人にぶつかれば、計り知れない衝撃。
  • 自転車が衝突で急停止した際に、人が自転車のハンドルやフレームに激突することがあります。この場合、顔や首、胸などの部位が損傷を受ける可能性があります。
  • 都心部や町中は、いつ自転車の事故が起きてしまうか分からないのでヘルメットの着用したほうが安心です。

コメント